こだわりのハンドメイド、13インチMacBookPro2016年モデル用フェルトケース

こんにちは、ダンナの人です。

MacBookProを購入後、ダンナはずっと探していたものがあるのです。それはインナーケース。せっかくのモバイルノートなのだから持ち運びたくなるもの。でも直接カバンに入れてしまうと傷などが心配。

一応ハードシェルカバーを付けてはいるので傷は付かないだろうけどそれはそれ。もっとこう、ふんわり優しく包み込んでくれるケースが欲しいのです(*`へ´*)9

本物の質感にこだわる buzzhouse design

探していた、と言うのは少し正確ではないかもしれません。待っていたというべきでしょうか。MBP購入時からbuzzhouse designのフェルトケースが欲しくて2016年モデル用のケースが出るのをずっと待っていたのです。

2016年モデルのMacBookProはフルモデルチェンジということで本体デザインが大きく変わりました。13インチながら11インチ並の大きさと薄さになったのです。そのせいで汎用的な13インチ用ケースに入れるとガバガバ。ケースの中で本体が動いてしまうとケースの意味がなくなってしまいます。

大きく変わってしまうと専用の物が出るのを待たなくてはいけません。どうせ待つなら最高のものを!そしてダンナが最高だと思っているのがこの「buzzhouse design」のフェルトケースなのです。

レザーバージョンは少し前に販売開始していたのですが、違うのです。勿論良いものではあるんですがフェルトのがほしかったのです。フェルトバージョンは近日発売!となっていたのですがなかなか発売されず。ソワソワしながら待つこと数ヶ月、、ついに発売されたのです!

届いた〜!(*”▽”)

テッテレー!届いたよ!

もう箱から素敵です。

ぱかり。

中も綺麗に梱包されています。さすがメイドインジャパン。こういう細かい所が気持ちいいのです。

じゃ~ん!(*”▽”)

ダンナの選んだのはブラックモデル。他にオレンジのタイプも有ります。封筒をモチーフにしたシンプルで丸みのあるデザイン。

留め具のボタンがワンポイントになっていてい素敵ですね。木のボタンは見た目の良さだけでなく、金属パーツのように接触した時に傷がつくこともありません。紐で止めるので力を加えることも無いのです。

黒いフェルトに赤いステッチが鮮やかです。曲線部分も処理がとても綺麗。

裏側はこんな感じ。ほんとにシンプル。

開けるとこんな感じに。口の部分もシッカリ補強されています。補強目的の縫合なのでしょうけどデザイン性も高いですね。

この部分、なんて呼ぶんでしょう。。折り返しのカバー部分。その裏にさり気なくメーカーロゴが。開けたときだけ見えるのがカッコイイですね。

口もこのとおりシンプル。シンプルだけどフェルトの伸縮性も考慮した断裁で縫合もしっかりしているから、挟み込むような包み込むようなちょうどいいフィット感が有ります。

ふに、、

びよ〜ん。

何とも言えないフェルトの柔らかさとクッション性(*´﹃`*)

早速装着してみました

いざ!飛び込め!(*`へ´*)9

スルスルスルスル。。。

すぽっ。

テッテレー!ジャストフィット!

なのは当たり前?いえ、クリアタイプで少し見えにくいですがシェルケースを付けたままで入れてみました。全体に2mm+インシュレーター部分の厚みが足されるわけなので少し窮屈になるはずです。

収めてみた感じ、少し窮屈にはなっているのかも?でも抵抗があるわけでもなく、適度な滑りの良さでスルスルと奥まで入っていきました。余裕の有るサイズで作ってあるというよりは、フェルトの伸縮性とマチの無い押さえ込むデザインのせいでしょうか。

厚みが増した分、お尻の角の部分は想定より引っ張られてふくらんでいるかもしれないですね。

閉じてみた所。勿論無理なく閉じれてふんわりと包み込んでくれました。うーん、やっぱり素敵ですね。パソコンケースには見えない(*´﹃`*)

見た目だけじゃない機能性

このケース。良いのは見た目だけじゃなくて機能的でも有ります。クッション性のあるフェルトは厚さがあってもとても軽い!重ね合わせて縫合された側面部分は強度も増してシッカリと衝撃を吸収してくれます。

構造上中に入れたMBPはフェルトとしか接触しないというのもポイント。余分な金具やパーツは一切使われていないのでMBP全体をフェルトだけで包み込んでくれます。

良くない所?

良くない所、、を見つけるのは少し難しいのですが。。フェルトなのでホコリなどは目立たないですが、どうしても毛玉的なゴミは付きやすい材質です。毛玉取りやハンドクリーナー、それかゴム手袋をはめてゴシゴシ擦るなどしてお手入れしないとです。

レザーより扱いやすい素材ですが、レザーは使い込むほどいい味が出るけど、フェルトは劣化するだけというのも確か。このデザインのレザータイプがアレば考えたけど、、ココのレザーケースはスリーブ型なのでデザインが随分違うんですよね。いやアレも良いものなんだけど。

また、お値段は少しお高め。ハンドメイドですからねヽ(´o`;インナーケースで6000円〜1万円は少し迷うお値段。でも後述しますが耐久性もバッチリなのでトータルで考えると高い買い物じゃない気がします。

長く使える

さて、良いのはわかっても耐久性はどれくらいなのでしょう。ちょうどいいサンプルが我が家にはありました。

テッテレー!オレンジケース!

このオレンジの方のフェルトケース。これは奥様愛用のケースなのです。そう、ダンナ買う前から良いものなのがわかっていたのは以前から別モデルが我が家にあったからです。

これはSony時代の11インチVAIOPro用。コンパクトなモバイル特化ノートなのでケースに入れて持ち歩く機会も多いようです。コレでだいたい3年ほど使い込んだ状態。縁に少し毛玉が付いていますが、そういった簡単に取れるホコリ汚れ以外には、ヨレることもなく、ステッチが解けることもなく、ボタンもしっかりしています。

この感じで使い続けていても、少なくてもパソコン本体よりは長持ちしてくれそうですね。よくあるビジネス用合皮ケースじゃこうは行かない。

大満足のインナーケース

といことで「buzzhouse design」の13インチMacBookPro2016用ハンドメイドフェルトケースのレビューでした。

サイズが変わってしっくり来るケースが殆ど無いMBP。合わないケースに無理やり入れるより、シッカリした良いケースを使うのは気持ちが良いものですよ。

今回紹介したサイズ以外にも、15インチ用も旧モデル用も、Airや12インチ用のも揃っているようです。MBP用のインナーケースをお探しの方の参考になれば(*”ー”)ゞ

この記事が気に入ったら
フォロー・購読をお願いします。

feedly

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です