洗濯物をより綺麗にするために洗濯機のお手入れをしてみました

こんにちは、ダンナの人です。

道具の手入れというのは大切なものです。特にそれが汚れやすい掃除用具でアレばなおさら。せっかく掃除しても汚れた掃除用具を使うとかえって汚くなってしまうなんてことも。吸引力の変わらないあの掃除機だってフィルタやヘッドをお手入れしないとゴミを吸ってくれないのです。

という事で、本日は洗濯機のお手入れをしてみたいと思います(*”ー”)ゞ

(※洗濯槽の汚れ画像が登場します。本気でびっくりする汚れ写真なのでくれぐれも閲覧注意でお願いしますm(_ _)m)

洗濯機のお手入れ

コチラが我が家の洗濯機。

白物家電でお気に入りのPanasonicのものです。そこそこ古くて購入した当時はまだ我が家にはPanasonicブームは来ていなかったはずだけど、メーカー関係なく気に入って選んだものです。

パット見ごく普通のスリムな縦型洗濯機ですが、これ、すごく良いんですよ(*´﹃`*)

ポイントはココ。操作パネル類が全て奥に集約されている所です。

それの何が良いのかというと、、。

フロント部分に余計なものが一切なくて、全て一体型のパネルで覆われているのです。

これ、物凄く掃除しやすい!(*´艸`*)

洗濯物を取り出す時、どうしても縁に洗濯物が当たってしまいます。ココが汚れているとせっかく綺麗になった洗濯物がまた汚れてしまうのです。

ごちゃごちゃとボタンがあったり、色んなパーツに別れて繋ぎ目があったりすると掃除しにくいですが、こういうツルンとした一体パネルだとササッと拭くだけで簡単に綺麗に出来るのです。

フロントパネルが掃除しやすい分、忘れやすいのが内側の縁。内部の洗濯槽の上の方も汚れた水や洗剤で汚れる訳なので忘れずに拭いておきましょう。洗濯槽の自動洗浄機能があっても水の届かない所までは洗いようがないので結構汚れるものです。

よしっ!外側はきれいになった!(*`へ´*)9

ココからが本番です。

洗濯機でワカメ収穫

 

(*´﹃`*)

 

聞いたことありませんか?

洗濯槽のワカメ。

先日ゲットした便利な漂白剤「オキシクリーン」にも説明がありましたが、中和分解系の洗剤を洗濯槽に入れるとワカメ状の汚れが浮いてくるというのです。

こんにちは、ダンナの人です。 奥様に気持ちよく料理をしていただくため日々台所清掃に勤しむダンナです。ダンナ的にはもう少し褒められても良さそうなものなのに特に褒められる気配はあ

洗濯槽は多重構造になっていて、表面(洗濯槽の内側)は洗濯物が接触するので普段はきれいなものですが、その内部や外側は洗いにくく、洗濯物から出た汚れや油が付着して膜のように溜まっていくようです。

お鍋の汚れを重曹で浮かせたように、この膜のようになった汚れを中和分解すると、剥がれた汚れがワカメのように見えるのだとか!(’m’

気になる!見てみたい!

洗濯槽カビキラー

そこで用意したのがコチラ(*`へ´*)r

「SCJohnson洗たく槽カビキラー」

オキシクリーンを使っても良かったのだけど、近所で過炭酸ナトリウムが手に入りづらそうだったので少し勿体なくε-(´∀`; ) まずはお試しということで専用の洗剤を使ってみることにしました。

過炭酸ナトリウムだと汚れや臭いには強いはずだけど、カビに効果あるかもわからないですし、そこは専門家のカビキラー先生にお願いしましょう。

使い方は簡単で、1袋そのままドバーッと洗濯機に放り込みます。

投入完了(*”ー”)ゞ

洗剤に書いてある説明によると、このまま通常の洗濯モード(洗濯→すすぎ→脱水のサイクル)で洗濯槽ごと洗えるようです。

注意点としては、今時の洗濯機は大抵ecoモードが搭載されていて標準モード(おまかせ系)だと最小の水量で洗濯をするようになっているはず。今回の様に洗濯槽全体を洗浄したい場合は最大の水量になるようにして使用しないとです。

セミオートで水量調整をして、、、と。

注水開始!急速潜航!(*”ー”)ゞ

あとは通常の洗濯と同じように洗濯機におまかせ放置でokの様です。

分解だけじゃなく洗浄成分も入っているからなのか、水を入れたらアワアワになりました。

このカビキラーは浸け置きの必要がないタイプのようですが、水がたまったら止めて暫く放置すると効果が更にアップするようです。水の代わりにお湯を使うのも効果的のようですが、我が家はお風呂に入浴剤を使ってしまうので残り湯は使えず。

 

さて、必要ないと書いてあっても折角なのでこのまま少しつけ置きしてみることにしました。観察もしたいしね!

 

・・・20分後。

(※この先閲覧注意)

 

 

 

 

ギャー!©楳図かずおAA略

なんだこれ(’m’

凄いことになってるけど大丈夫?

泡が引いてくると更に凄さが伝わってきます。

この洗濯槽洗浄、奥様が定期的にやっているそうなのだけどそれでもこの凄さ。一人暮らしだったらこんなところの掃除思いつかないからとんでもない事になっていたかもしれない。。恐ろしい。

この後は洗濯機任せで洗浄してもらいました。

が、、

すすぎ終わり後

まだワカメがイッパイいる!(’□’

そう言えばこのワカメこの後どうするんだろう。「洗うとワカメが出てくるよ!」→「なにそれやってみたい」で始めたのでワカメが出た後どうするか読んでなかったダンナ。

まさか、、収穫するの?

こんなワカメいらない。。ヽ(´o`;

水を抜いてみても底はワカメまみれ。。

やばい、どうしよう。。(’m’

何かやり方間違えてるのかもと奥様に泣きついてみると「こういうもの」らしい。

洗剤で汚れを浮かせて洗い、その後剥がれた汚れが無くなるまで濯ぎ洗いを続けていけば汚れはなくなるそうです。で、側面のゴミポケットを洗えば完了。

ふう、危ないところだった。

こうして危機を乗り越えピカピカになった洗濯機。

明日からまた洗濯物のお世話を頑張ってもらいましょう(*”ー”)ゞ

本日の対戦結果

ワカメというより海苔かなぁ?

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です