冬の冷水もへっちゃら!米とぎセットを手に入れたゾ!

こんにちは、ダンナの人です。

いつも美味しい奥様のうちごはん(どやぁ)

ダンナの人は生粋の日本人なのでやっぱりご飯はおかずと美味しいお米が嬉しいのです。ちなみにダンナの人は料理が全くできないタイプ。まぁやれば出来なくもないと思うのだけど、、ゴニョゴニョ。そんなダンナを気遣って奥様はこういうのです。やれることをすればいいよ、と。

だから

奥様「お米を研ぐのです」

かしこまりました(*”ー”)ゞ

冬場の米とぎは大変

こうして我が家ではお米の準備はダンナの人の仕事になったのですが、寒い冬の季節、冷水で米を洗うのは中々大変なお仕事なのです。冷たい、、を通り越して痛い!ヽ(´o`; 世の中には便利なものがあって「無洗米」というこの辛い米とぎ作業を省略できるお米もあるのですが、以前試していた時期は有ったものの、やっぱり美味しいお米を食べてしまうと無洗米には戻れない。。多少手間はかかっても美味しいご飯のほうが嬉しいのです。

水が冷たいからと言って洗うのにお湯を使ってしまうと、炊く前に熱が入ってしまってよろしくないらしい。どうにか楽する方法は無いだろうか。

ついに手に入れた米とぎセット!

テッテレー!

そしてついに手に入れてしまったのです。この禁断のアイテムを!以前から存在は知っていは居たのだけど、そこまでグータラして良いものかと躊躇していた「米とぎ棒」ですが、先日の大寒波で寒すぎて冷たすぎて誘惑に負けてしまったのです。しかも米とぎに便利なボールまで手に入れてしまいました。

ふふ、この米とぎ界のチートアイテムを手に入れたダンナにもはや冷水などおそるるに足りない!奥様からの米とぎミッションを達成してみせますよ!(*`へ´*)9

しかし、、変わった形の米とぎ棒。

さきっぽのかき混ぜる部分はシリコン的なクニクニしたやわらか素材で出来ています。割と大きい。。ボールの方は研ぎ汁を捨てやすい水切りと、効率よく研げるように側面と底に凹凸がついています。

実戦!

まずはお米を投入。ザパー。

そこへ冷水注入!

ワッシャワッシャワッシャ、、、

さすが米とぎ棒、冷水でもびくともしないゼ(*´﹃`*)

しかし、、ボールの底の凹凸のせいか、ゴリゴリゴリゴリと中々すごい音がします。研げてる証なのかもしれないけど大丈夫なのかな。

ボールに水切りスリッドが開いてるので研ぎ汁捨てるのもらくらく。

あとはこれを研ぎ汁が透明になるまで何度か繰り返すだけ。

ちなみにへんてこな形だった米とぎ棒をボールの脇にセットすると、米とぎ棒だけで水切り機能も使えるようです。便利!でもボールも買っちゃったからイラない!この機能がなければもっとスマートだったんじゃないかな?

何度か繰り返すうちに透明になってきた研ぎ汁。

ばっちり、ちゃんと研げてますね!

あとは水を切って暫く放置(理由は知らない)で米とぎミッションは完了です(*`へ´*)9

実食!

研ぎ終わった米は奥様のゴーサインを待って炊飯器に投入。定量なら炊くところまで出来るようになったダンナ。

結果、美味しく炊けてました(*`へ´*)v

本日の対戦成績

ダンナの勝利!

水は冷たくなかったけど奥様の視線が少し冷たかった気がしました。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です