無印週間で素敵アルミフライパンをゲットしました

こんにちは、ダンナの人です。

最近料理人の才能が開花しつつある気配が見え隠れするダンナ、まだ1人では出来ないけどお手伝いと称してなるべく一緒に台所に立つようにしています。そのおかげというわけではないのだけど、調理器具にも少しずつ興味を持ち始めています。

その中でも一番興味があるのが「フライパン」なのです。

脱テフロン計画

フライパンにも色んな種類がありますが、用途に合わせた形状などは一旦置いておいて、気になっているのは材質や加工の部分です。

我が家で使っているのはごく一般的なテフロン加工のフライパン。材質が何かもよく分からないやたら薄くて軽いフライパンの表面に焦げ付きにくい加工をしてあるアレデス。

いわゆるスーパーの2階的なところやニトリに行くと500円位でてにはいります。

お手軽なフライパンなんですが、問題はすぐだめになってしまうという所。お値段がお値段なわけなので薄くコーティングしただけの簡単なものですからあっと言う間に剥がれてだめになってしまいます。T-falのちょっといいやつを試したこともありますが、、多少持ちの差があった所で長持ちしないことには代わりありません。

結局こまめに新しいのに買い替えて行くわけで、スポンジの話ではないですが、安いものを使い潰していくのがコスパ的には良いかな、、となってお手軽フライパンを使っています。

しかし、どうにも気分は良くないのです。

表面加工の問題だけでまだ綺麗なフライパンを捨てることになるわけですから。

 

となると、、加工に頼らないタイプのフライパンにすれば良いんじゃないだろうか、と思ったのです。

スキレットフライパン

代表的なのがコレ、スキレット!

ガツンと存在感のある鋳物の鉄フライパン。昔はフライパンと言えば鉄だったはずで、テフロンフライパンに比べてお手入れが大変だったり油の量が必要だったりという理由であまり見かけなくなってきましたが、このスキレットはこのままオーブンに放り込めたり、保温性を活かして器としてそのままテーブルに出したりと料理の幅が広がるらしく、数年前から奥様方に大人気なのだとか。

うちの奥様もその1人でチマチマ油で焼いて育成しているようです。

その他のフライパン

スキレットはとても便利なものですが、メインのフライパンの代わりにするのは少し難しいです。うちにあるのは15cmほどの小さなタイプですが、それでもかなりの重さです。

炒め物が出来るようなサイズのものになると、、とてつもなく重そう!

という事で少し前から他のタイプのフライパンを探していたのです。

・鉄フライパン

ソコソコの熱伝導と高温に強いのが売りの鉄フライパン。焦げ付きやすくお手入れが面倒ですが、焦げ付いてしまえば焦げが消し炭になるまで焼いてしまえば良いというワイルドなやつ(*´艸`*) 一般の量販店ではほぼ見かけませんが先日無印良品でシンプルな鉄フライパンを発見。購入を迷いましたがイメージしていたよりずいぶん薄くデリケートそうだったので保留中です。

・ステンレスフライパン

お鍋でも愛用しているステンレス製。頑丈でサビ知らず。熱伝導率が低いので温度調整が若干難しいのだとか。その分ある程度の厚さがアレば保温しやすいメリットも。

・ホーローフライパン

コチラもお鍋でよく見るホーロー加工されたフライパン。厚手の鉄フライパンの特性を活かしたまま表面をホーロー加工して防御力がアップしたやつ(’m’ テフロンのような焦げ付き防止が出来るわけではないけど、つるりとした表面はそこそこ焦げ付きにくくその後のお手入れも簡単な部類。欠点はとても重いこと。。

 

いろいろあって迷いますね。

鉄フライパンは特性活かすのにスキレットでも代用が効きそう。ホーローは普段使いには重そうだし、こちらもそのままオーブンへ投入等スキレットと似た使い方になりそう。

というわけでステンレス製か今回購入したアルミ製かで迷っていたのです。

アルミフライパン

テッテレー!ぺっかー!(*”▽”)

というわけで行ってきました無印週間。そこでとてもキレイなアルミフライパンを見つけてきたのです。

イタリアンのお店の厨房を覗くと、大抵こういったピッカピカのアルミフライパンでパスタを作っていますよね。アルミフライパンはパスタ料理(特にソースの調整)に相性がいいフライパンのようです。

アルミフライパンの特徴は熱伝導率がとてもいいこと。熱伝導率が良いと温度のムラが発生しにくく、火加減がダイレクトに伝わるので温度調整もし易いというメリットがあります。

反面高温には弱く汚れやすい(焦げ付きや変色等)ようです。つまり中華や炒め物は苦手な役割のハッキリしたタイプ。

他にも(比較的)軽くお値段もリーズナブルと言う特徴もあるのですが、このフライパンで約5000円。フライパンとしては高い方ではないのでしょうが、普段使い潰してるテフロンのに比べれば10倍前後!(’m’

今回24cmと中くらいのサイズの物を購入したのですが、サイズ的にはもう少し大きいのが料理しやすいかなとは思います、、。が、わりと軽いと聞いていたものの24cmでも結構な重さだったのです。コレより重いのを振り回すのはちょっと大変そう、という事でこのサイズに。

多分、持ち手部分がゴツいからかなぁ?

無印良品アルミフライパンの良いところ

さて、暫く使ってみて感じた良いところ悪いところを少し。

・明るい!

一番はやっぱりこの綺麗さ!ピッカピカの金属の輝き!男心をたまらなくくすぐります(*´艸`*) ステンレスはもう少し落ち着いた輝きだけど、このアルミの元気な輝きもまた良いのです。

この輝きというのが結構実用的であったりもします。

中で調理中の食材の状態がとても見やすいということ!

鉄フライパンやテフロン加工のものは中が真っ黒なわけですが、これだけピカピカだと集光効果も加わってとても明るく見えるのです。

・汚れがわかりやすい

綺麗さとかぶるけどピカピカなので汚れた部分がすく判るので掃除漏れはなさそうです。新しいのでツイツイ念入りに掃除しちゃうというのもあるけど(*´艸`*)

・特に焦げ付かない

アルミフライパンはすぐに焦げ付く!と聞いていたけど特にそういったことはないようです。火加減に注意しているというのもあるけど、温度調整しやすいし状態が見えやすいのでお肉を焼いたり炒め物をしたりするのにも十分使えそうです。勿論テフロンに比べれば油の量が増えるかもですが。

イマイチだった所

料理経験の殆ど無いシロウトの感じたイマイチだった点、というか普段使いのフライパンとの比較。

・そんなに軽くない

上でも書いたけどそんなに軽いわけではないようです。

これは普段使いの安いテフロンのが物凄くペラく軽いのでそう感じるんだと思います。鉄やホーローに比べればかなり軽いはず。

・持ち手の角度が急

好みといえばそれまでだけど、持ち手部分がソコソコの角度がついています。うちは奥様も結構背が高いのでキッチンも高く作ってあります。もう少し低いキッチンかすごく背の高い人には丁度良いかもしれないけど、うちの環境だともう少し平らな方が握りやすかったかも。

・あっつい!

その持つ所が超あっつい!ヽ(´o`;

当たり前だけどものすごい熱いです。このままオーブンにも投入できるタイプなので持ち手も全てアルミ製。抜群の熱伝導が襲い掛かってきます。

もちろん最初から理解っていたことなので鍋つかみも合わせて買ったのだけど、もう少し防御力の高いのにすればよかったヽ(´o`;

これは奥様おすすめの挟んで使うタイプ。ミトンタイプだといちいち付け外ししないといけないから、さっと使えるのが良いよとのことでした。でもコレだとカバーしきれなかった部分がたまに手に触れてあっついのですよ!

耐熱能力は十分なのだけど防御面積が小さい、、ビキニアーマー的なやつ。奥様は火属性らしく大抵素手で触れちゃうのようなのだけど、ダンナは熱いのサッパリなので素直にミトンタイプのほうがよさそうです。

アルミフライパンのお手入れ

さて、折角手に入れた素敵フライパン。コーティングに頼らない素材そのままのものなのでキチンとお手入れすればカナリ長持ちしてくれるはず。

という事で、使用前にしておくと長持ちすると噂の「米の研ぎ汁煮込み」と「油慣らし」と言うものをしてみることにしました。

腐食防止に米の研ぎ汁と野菜煮込み

アルミは酸にもアルカリにもあまり強い素材ではないのでそのまま使うと黒ずんでしまうことがあるようです。それを抑える働きがあるのが米の研ぎ汁野菜。フライパンの使用前に煮込んで馴染ませておくことで腐食や黒ずみ汚れから守ってくれるのだとか。

という事で米とぎ汁と古くなった野菜のクズを貰いました(*”ー”)ゞ

グツグツグツグツ。。。

煮立ってきました(’m’

なんだか膜が出来てきていますがコレが効果あるんでしょうか。

20分ほど煮込んだ所。目一杯色々染み出しました感が出ています。汚れて少し心配になりましたがさっと洗えば綺麗に落ちました。内部に浸透とかしてるんですかね?

油慣らし

次に焦げ付き防止の油慣らしをしてみました。鉄フライパンだとよく聞くやりたですね。スキレットもこうやって育成していくのだとか。。

フライパンに油を敷いて全体に馴染ませるように広げます。弱火〜中火で焦げないように焼いていきます。高温になりすぎていたら火を弱めるかガス台から持ち上げて冷まします(※焼けた白い煙が出ないように注意

定期的に油を継ぎ足しながら、、。

全体に広げて馴染ませていきます。

テッカテカ!ε-(´∀`; )

タップリ時間を掛けて馴染ませたら火を止めて冷めるまで放置してから洗います。

タップリの油で煮込む方法もあるようなのですが、大量の油は危ないので継ぎ足し継ぎ足しで馴染ませていく方法で試してみました。

お手入れ後

テッテレー!

研ぎ汁と油を馴染ませたアルミフライパン。

なんだか一段と綺麗に成った気がします(*´艸`*)

大切に使うぞ〜!ψ(`∇´)ψ

その後の対戦結果

さっそくパスタとニョッキを作ってみたよ!(*`へ´*)

奥様からの評価は「もうすこしがんばりましょう」でしたヽ(´o`;

(もたもたしてて水分飛んでしまった)

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です