無印良品のサーキュレーターを導入してみました

こんにちは、ダンナの人です。

暑いヽ(´o`; 暑い日が続きますがエアコンをつけるべきか迷う微妙な日も多かったり、エアコン入れると冷えすぎて調子が悪くなったりということもしばしば。

扇風機でそよそよくらいが心地いい時もありますね。

でも扇風機ってかさ張るんです。特に冬場。半端に背が高くて不安定だから何かの上には置けないし、勿論扇風機の上にも置けない。収納の奥で激しい自己主張をしながら夏を待つんです。

そんなこともあって我が家では去年の秋頃、暑さも収まったくらいに扇風機は処分していたのでした。古かったし。

 

結構早いうちから暑かった今年の春。本格的に暑くなる前に対策しなくては!、、と家電量販店に行ってみたのだけど、今時の扇風機って凄いね!(’m’ ものすごい高性能になっているんです。その分お値段も凄いことになってるけど。。

勿論昔ながらの安い扇風機はあったのだけど、それだと単に新しい製品に買い替えただけになってしまう。という事で前々から気になっていた「サーキュレーター」に目をつけたのです。

無印良品のサーキュレーター

サーキュレーターと言えば無印良品、ってくらい無印のは評判が良いですね。無印自体が製品の質も良いし、デザインは好みもあるだろうけど無難でハズレのないシンプルデザインは人気です。その分大半の商品は割高感があります。

それでも人気なのはどうしてだろう。

の前に、そもそも扇風機とサーキュレーターはどう違うのかですね。

扇風機とサーキュレーターの違い

どちらも羽根を回して風を出す機械。風に当たると涼しい(*´﹃`*)

厳密には何か定義があるのかもしれませんが、ダンナの認識としては、

 

扇風機は人や対象物に風を当てて涼む機械。

サーキュレーターは空気をかき混ぜて室温を均一にする機械。

 

です。

こんにちは、ダンナの人です。 屋内でのミニトマト水耕栽培に挑戦中の我が家。前回発芽用のスポンジ培地から、根を伸ばしやすいようにとペットボトル容器にお引っ越しをしたミニトマトの

トマトハウスの記事でも書きましたが、特にこの季節は高い外気温に部屋まで暖められるのではなく、強い日差しで部屋の空気が温まっているような状態です。暖かい空気は上に貯まるので、案外床の方は涼しかったりします。

この温かい部分と冷たい部分が混ざるように空気をかき混ぜてやると、丁度過ごしやすい室温になってくれるのです。

サーキュレーターはこの空気をかき混ぜる用に作られた道具。

でもそれって扇風機でも出来るよね?と思うのだけど、そこは得手不得手で扇風機は人に直接風を当てる為に柔らかい風をだします。メーカーにも寄るのだろうけど違いは羽根の形状で、扇風機は広い範囲に柔らかく風を届けるように作られています。なので遠くへ風を送るのが苦手。

サーキュレーターはグイグイと風を押せるように直線的でまとまった強い風を起こすことが出来るようになっているので空気をかき混ぜやすい作りということですね。

サーキュレーターの良いところは、この空気をかき混ぜる効果のお陰で冬場でも使えるという点です。暖房器具で部屋の上の方は暖かくなったけど足元は寒い。強くすると頭だけ暑くなってのぼせてしまう。なんて時にサーキュレーターを使うと、空気をかき混ぜてくれて温度差をなくしてくれます。

他にも部屋干し用乾燥機の代わりになるなど、一年中使えるのが嬉しいですね。

、、、と言っても最近はサーキュレーターとして使える扇風機も増えてきているので、境界線はどんどん曖昧になってきている気がします。よりどちらの用途に向いてるかの違いで似たような使い方ができそうです。

無印のサーキュレーターがやってきた

デデン!(*´﹃`*)

前置きが長くなりすぎですが要するに無印のサーキュレーター買っちゃった!無印週間バンザイψ(`∇´)ψってお話です。

一応紹介しやすいのでカエレバのブログパーツ張っておくけど、、なんだろうコレ↑、定価より高くない?Amazon楽天はポイントが嬉しいし便利だけど、お得に手に入れたい場合は無印週間などのキャンペーン中に直接お店で買うほうが良いかもです。

選んだのは昔ながらのサーキュレータータイプの小さいモデル。最近は卓上タイプや扇風機タイプも出てるんですね。

選ぶ決め手になったのは、このコンパクトボディと軽さ。ファンにスタンド付けただけというシンプル構造で場所を取りません。とても軽いのでコレならその時使いたい場所に簡単に移動設置出来そう。

角度はスタンドで調整。少し下向きから真上まで縦方向に変えることが出来ますが、横方向には動かず、軽い本体を好きな方向に向けて設置するタイプ。

正面には何もなく、裏に操作ダイヤルが1つ。

シンプルすぎる!ε-(´∀`; )

中央のダイヤルを回すと電源OFFから風の強さを3段階に調整できます。

操作に迷う要素が何処にもない。

いつものように猫様感電防止用のスパイラルチューブをケーブルに巻き付けて、、。

テッテレー!設置完了!

こんな感じで真上にも向きます。真上より少しは角度をつけたほうがかき混ぜやすいかな?

ブオー・・・(*´﹃`*)

試運転してみました。なかなか、、パワフル!

無印のサーキュレーターって静かなの?

さて、アチコチで紹介されている無印のサーキュレーター。そのレビューを見ていて前々から気になっていたことがあるんです。

「無印のサーキュレーターは静かでおすすめ!」

てよく見るけどホントかなぁε-(´∀`; )

で、実際に静かめの寝室で試してみた結果は。

 

う〜ん。

 

少し、誤解を与える気がします。

これは受け側の感じ方にも寄るかと思いますが、例えば今回のように扇風機かサーキュレーターで迷ってる人にはうるさく感じるんじゃないでしょうか。

理由(原因)は簡単で、扇風機のようにソヨソヨと風を送っていたのでは空気をかき混ぜられないのです。なので弱モードでもそこそこ強めの風が出ます。当然風量によって音は大きくなってくるので「ちょっと寝苦しいから弱めに扇風機を掛けておこう」なんて状況と比べるとうるさくなります。

と言ってもモーター音や羽根の風切音は殆ど聞こえないのでサーキュレーターとして静かと言えば静か、なのかな。

部屋干し用に乾燥機代わりに使うのなら乾燥機の送風モードより静かです。

暫く使ってみた感想

という事で2週間ほど使ってみた感想です。

(ΦωΦ)「良いね!これ!」

結局みんなと同じような感想だけど、良いね!無印サーキュレーター!

良いところ

最初は強く感じた風量。慣れるとそうでもないかな?寝室で使っているのですが、直接当たるというより混ざった空気が間接的に流れてくる感じになるので、壁の方に向けて風を送っておくとフワっと涼しい風が届きます。

風が当たるというより空気が動いてる感がとても心地良いです。

これ、上手く伝えられないなぁ。エアコンの苦手な人でもこの間接風は大丈夫だと思います。

軽くてコンパクトなので動かしやすそう。という点ですが、実は動かしていませんε-(´∀`; ) 向きを変えるくらいです。これは我が家では感電対策でコンセント周りをカバーしているからコードの抜き差しが面倒、というだけなのですが、本体ごと移動させなくても隣の部屋に続くドアに向けて風を送れば、隣の部屋の空気もかき回せるくらいパワフルなので動かす必要が無いからなんです。

弱モードでも直線なら5m先まで届いてるかな?風を強くすればかなりの範囲をカバーしてくれそうです。

あと、やっぱりコスパですかね。勿論お値打価格のニトリやアイリスオーヤマに比べると少し高いのだけど、安心の無印で4千円はお安い(ニトリで3千円弱)品質優先でお高めな商品の多い無印のわりにはお手頃価格に収まっています。

イマイチな所

首は振りません。扇風機では標準的な首振りモードは付いていないので、大勢いる部屋で早く涼みたい時には扇風機の方がいいです。

タイマーがない。首振りはともかくこっちは少し不便かな。お風呂上がりに暫く動かしておきたいけど、ずっと動かしてると朝方寒い。ナンテときに2,3時間のタイマーがアレば便利なんだけどそういう機能は付いていません。

音。は上でも書いたけどそれほど静かでもないので好みが分かれる所かもしれません。弱は許容範囲、強はテンション上がる騒がしさ。

まとめ

という事で導入したサーキュレーター。

全体的な感想として扇風機から乗り換えて良かったと感じています。上手く使えば扇風機で出来なかったこともこなせるのは大きいです。今の時点でも役に立ってくれていますが、冬場はもっと活躍してくれそうなので楽しみですね。暖房苦手な方なので。

という事で、無印サーキュレーター導入のお話でした(*”ー”)ゞ

 

オマケ

心地いい風にベッドを占拠してとろける猫様。

ちょくちょく奥様と場所を取り合っています(*´艸`*)

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です