古いデスクを100均のリメイクシートでアレンジしてみました

こんにちは、ダンナの人です。

もうすっかり暖かくなりました。というか暑くなりましたヽ(´o`;

半月ほど前、猫様と奥様の抵抗に合い片付けられずにいたコタツも漸く撤去することが出来ました。スッキリ!久々に見る広いフローリングは涼しげでいいですね。コタツが撤去されたリビングには冬の間しまっていたソファーと簡単なコーヒーテーブルを置いて夏支度をしておきました。

さて、、ここで問題(?)発生。

冬の間コタツにダメになるソファーという組み合わせで怠惰を貪っていたダンナと奥様と猫様。コタツは便利なもので暖房器具としてだけでなくテーブルの役目も果たしてくれていたのです。

 

夏は何処でPCいじろうかヽ(´o`;

 

とりあえず暫くはダイニングテーブルの上でだましだまし使っていたのだけど、やっぱり食事の度に片付けないとイケなくて何かと不便。そしてダイニング用の椅子は背もたれの無いスッキリしたタイプの物なので長時間座るのはキツイ。。

そんなわけでリビングにパソコン用のデスクを置こうというミッションがスタートしたのです(*”ー”)ゞ

扱いに困っていた古いテーブルをリメイク

パソコンデスクと言っても色々ありますが、最近は奥様もダンナもノートPCがメインになっているという事もあって、最初はリビングに置いても違和感のないスマートなデスクと小洒落た椅子を購入しようという事になったのだけど、、、

簡易的なデスクを置くくらいならダイニングテーブルを使ったほうがマシ、ということになりそう。どうせ置くならシッカリ使えるパソコンスペースを作ろうということになりました。

という事で、今別部屋においてあるデスクトップパソコンをそのままリビングに移設しよう!作戦です!(*”ー”)ゞ

そのデスクがコチラ(*`へ´*)r

実はコレ、カナリ扱いに困っていたのです。

このデスクは今のマンションに引っ越してくる前から使っていたもので、前の部屋に合わせて購入したもの。今の部屋では窓や扉の位置の都合でとても配置しにくいサイズと形なのです。リビングなら広めの壁があるので何とか置くことができそうです。

ただ、問題は一見綺麗に見えるこのデスク、、、よく見るとアチコチボロボロに成っているという所。

アチコチヒビが入ったり削れたりしています。

これは表面を厚手の傷防止コーティングがされていた所にティーポットを直接おいたりしていたら、熱でコーティングがひび割れ、そのひび割れから湿気が中に入り込んで膨らんだり変色したりしてしまったのですヽ(´o`;

アンティーク調の家具なら傷も良いものかもしれないけど、オフィス向けの小綺麗なデスクを雑に扱ってボロボロになっただけの物なので、このままリビングに置くのはちょっと不細工です。何とか綺麗にできないかな、、と思って用意したのが、、

テッテレー!リメイクシート!(*`へ´*)r

100均リメイクシート、キャン・ドゥバージョン。

家具や壁などのイメージを変えたい所に貼り付けて使う巨大シールのようなアレです。

リメイクシートも色んな柄がありますが、今回用意したのは真っ白なタイプ。

ナチュラルウッド辺りが合いそうとは思ったのだけど、デスクのサイズがカナリ大きいため柄合わせが難しそうとおもい無地のものにしました。

問題は、、、デスクの形状。曲面が多いヽ(´o`;

側面も何だかカッコよく整形されています。

コレを貼るのは難しそう。。。

修復作業開始!

てことで修復作業開始です!(*”ー”)ゞ

先ずはシートを貼るために表面を綺麗にしていきます。

ペーパーでひたすらゴシゴシ。

湿気を吸って膨張してしまった凹凸を削って平にしていきました。

ペカー!

表面が滑らかになったらいよいよシート貼りです!(*”ー”)ゞ

しかしこれが、、、ものすごい難しい!

ダンナの腕が後4、5本あれば良かったのだけど2本しかなかったので作業中の写真を撮る余裕はありませんでした。

だいたい貼れたものがコチラ(*`へ´*)r

パット見綺麗に貼れてますね!綺麗に貼れたことにしておこうかな!

近くで見ると境界線がこんなだったり。。

100均のシートは予想以上に薄く、その割に粘着力が強力。張り直しはある程度出来るのだけど、、少し力を入れると伸びて歪んでしまったり気泡を逃がすのも無理な状態。

スマホの保護フィルムよりは融通がきくかな、、くらいです。

貼り合わせる部分はワザと重ねて、重なった部分をカッターで切り、両側の余った部分を剥がす、、という作戦(壁紙貼りのような)でいたのだけど、、下になった部分を剥がすなんてとても無理で、境界部分の圧着も無理だったので、、、もう重なったままで良いやと諦めましたε-(´∀`; ) こういうデザインです!

曲面部分はドライアーを当てながらギューッと引っ張っていって貼り付けました。熱を当てると結構伸びてくれるので曲面にも貼りやすかったのですが、上から見るとシッカリ貼れているけど横や下から見ると伸びて余ってしまった部分がクシャッと成ってしまうので、カッターで切って重ね張りをしていきました。

気泡はなるべく集めてカッターの先でプスッと穴を開けて抜きました。

 

今回やってみてわかったことは、、

「デスクのような大きい面をはるなら100均のじゃなくホームセンター等で切り売りしている大きいシートが良い」

「柄物や濃い色のほうが重なり部分や気泡が目立ちにくい」

「2人以上でやったほうが良い」

でしょうか。

柄物でもレンガなどは難しいだろうけど、木目ならまだ柄合わせもし易いかもしれません。

あとまぁ、、コレを言ってしまうとダメなんだけど、、出来るならペンキを塗ったほうが綺麗になるででしょうねε-(´∀`; ) でもペンキを塗るスペースを確保するのは中々難しいのです。バラしてベランダや空き部屋に運び出し、汚れない様にカバーもして、、となると大仕事です。

リメイクシートは綺麗に貼るのが難しいけど、作業場所や時間を作るのが簡単というメリットがありますね。

リビングへ移設してみました

という事で、綺麗(?)になった所でリビングに移動させてみました。

てってr・・・

カメラ取りに行ってる間に既に猫様に占拠されていました(*´﹃`*)

テッテレー!リビングデスク!

なかなか良いんじゃないでしょうか!遠目に見れば新品!真っ白で綺麗ですね。

後はパソコン類も移設すれば。。。

完成!(*`へ´*)9

椅子も一応使っていたものを仮置きしていますが、この椅子は足がキャスターに成っているので、足元にまとわりついてくる猫様が危ないので早めに対処しなくては。。

キャスターをゴム足にするパーツに付け替えるか、キャスターに巻き込まないカバーを付けるか、キャスターを動かなくする台座を敷くか、、、イームズチェア辺りに買い換えるのが良いかなぁ。。

シートの繋ぎ目がもう少し目立つかと思いましたが、なんだかんだで上に物を置くわけなのでおもったより目立ちませんね。

本日の対戦結果

という事でデスクを綺麗にして夏場もリビングでパソコンが触りやすくなりました。

冬場はリビングコタツで凌ぎましたが、夏場はどうしてもエアコンを入れないといけないので、なるべく一つの部屋で過ごせると電気代的にも効率がいいですね。

今年はいろんな箇所を改良していこう!(*`へ´*)9

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です