レンチンで簡単!電子レンジ内部のお掃除をしてみた

こんにちは、スチーマーダンナです。

一人暮らしから大家族まで、一家に一台欲しい万能調理家電「電子レンジ」作り置きの温めから料理の下ごしらえまで幅広く活躍してくれています。でも、働き者の割に以外と掃除してもらえないんですよね。

今日はそんなレンジの中でも一番汚れるのに掃除しにくい、調理室内の掃除にチャレンジしたいと思います。

※この記事では油やホコリなどの汚れた画像が使われていますので閲覧にはご注意ください。

内側の掃除は重要なのです

炊飯器の釜やミキサーの容器など、食材が直接触れるような器具は使用の度に洗いますが、レンジやオーブンなど触れない見えないスペースと言うのは放置しがちです。使うたびに内部は超高温になってるわけなんで雑菌の心配はあまりなさそうな場所ですし。

でも電子レンジの場合、内側が汚れてしまうと温め効率がどんどん落ちてしまうものなのです。電子レンジはマイクロ波を照射して水分子を共振させてその摩擦熱で物を温めています。局所的でムラも多いため、均一に温めるために内側にマイクロ波を反射する素材を使って食材全体に行き渡るように作られているのです。この内壁が油などで汚れてしまうと上手く反射されずに全体に行き渡りづらくなっていく訳ですね。

油ものなども温める機会の多い電子レンジ、、内側は。。(’m’

かなり汚れていた我が家のレンジ

ということで中を覗いてみましょう。

どきどき。。。

ババーン!

遠目にも見て取れるこれまで見ないふりをしていた汚れ。。ヽ(´o`;

覗き込まないと見えない場所は更にひどいことに。

水蒸気で内側の汚れを撃退!

よーし!すごく汚れているのは確認できました。

問題は、どうやって洗うかです。

電気式調理器具の親玉みたいなレンジです。直接洗剤吹き付けたり、雑巾でゴシゴシ強く拭くと壊れたりショートしそうで怖いですね。何とか良い掃除方法は無いものかと探していると、、見つけました!

「水蒸気で汚れを撃退する」と言うものです(’ー’

おお、なるほど!水ぶっかけたりしたらダメそうだけど、水蒸気に弱いレンジなんて有ったら困りますもんね。水蒸気には強い構造になっているはず。

となれば、スチーマーダンナの出番じゃないですか!(*´艸`*)

水蒸気と焼肉のタレは裏切らないと信じているダンナの人です。今回はこの方法で掃除をしてみましょう。

レンチンして蒸らすだけ!

やり方は簡単。ガラスなどのレンジ調理可能な容器に水を張り、レンチンして暫く蒸らすだけ。更に重曹を追加しておくことで油汚れも落ちやすくしてくれるようです。

重曹は料理から掃除まで幅広く使えて便利ですね。弱アルカリ性の重曹は酸性の油汚れを中和して落としやすくしてくれます。

しかし、、この場合どこまで効果があるんですかね?こういう粉もの、例えば塩や片栗粉などは成分を水に溶かして取り出し、煮詰めて水蒸気として水分を飛ばして精製するわけで。。。水蒸気の中にどれだけ重曹の成分が残ってくれるんでしょう?

、、ともかくやってみよう!

ガラス容器に水を張って重曹を投入!そのまま電子レンジへセット!なんだか中央にターンテーブル用の動くやつが有って上手く置けない!ヽ(´o`;

ターンテーブルセットしたまま置けばよかったかな。。

いってらっしゃーい(*”ー”)ゞ

レンジで3〜5分ほど温め、そのまま取り出さずに15分ほど放置して蒸らします。

蒸らしたあとは。。

ドキドキ開封ターイム!(’m’

水、多すぎたかな?

側面を見てみると水滴がびっしり!水蒸気はレンジ内をしっかり蒸らしてくれていたようです。

!!(’m’

汚れがつきやすいドアの内側はすごいことに。。でもココは普段からお掃除しておくべきな気がしますε-(´∀`; )

あとはこれを水滴ごとキッチンペーパー等でさっと拭き取るだけ。

いきますよ、、、ドキドキ(’ー’

さささっ。。。!

ひゃああ!(’□’

こ、、これは、、、ちょっときもちい(*´﹃`*)

ベロンととれます、ベロンと!

この調子で内側を優しく拭き取ると、、(やっぱり強くゴシゴシしてはいけないらしい)

ピッカピカに!

テッテレー!(*”▽”)

ペッカー!

なんということでしょう〜、アレだけ油まみれだったレンジの内側が!

手触りの違うつるつるピカピカに生まれ変わったではないですか(*´﹃`*)

普通の水で試してないから重曹効果まではわかりませんが、ホントに水分を拭き取るくらいの感覚で主な汚れの原因だった油を拭き取ることが出来たので、しっかり汚れを浮かせてくれて居たようです。

これはなかなかお手軽な掃除方法ですね。こうしておくことでレンジの効率も上がるし、定期的にしっかり掃除して行こうと思います。

本日の対戦結果

スチームの勝利!(*`へ´*)9

他にも、濡らした布巾を同じようにレンチンして蒸らし、そのままその布巾で掃除するやり方もあるそうです。洗剤スプレーするのに躊躇していた場所だけに、きれいになるとうれしいですね。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です