ホーローミルクパンの焦げ付き撃退作戦

こんにちは、焦げ付きハンターのダンナの人です。

料理好きだけどちょっと大雑把な奥様。よくお鍋を焦がします。そんな奥様が黒く染め上げたお鍋をピカピカにするのが焦げ付きハンターのお仕事なのです(*`へ´*)ゞ

多忙を極めるハンターのもとに今日も依頼が舞い込んできました。

奥様「なんか知らないうちに焦げてた。でも知らないうちにピカピカに成ってるはず」

 

(*”ー”)・・・。

 

かしこまりました!(*`へ´*)ゞ

ホーロー引きミルクパン

ということで今回の獲物はコチラ(*`へ´*)r

ホーロー引きのミルクパンです。

こういう小さなお鍋はちょっとしたスープを作るのに丁度いいそうです。特に野菜などを煮込んだポトフ的なものを作るときは、こういった厚手の鋳物から作った鍋が良いのだとか。

このミルクパン、結構古いもののようですがうちに来たのはつい最近。奥様は以前からホーロー鍋を欲しがっていたのですが、その話でも聞いたのか親戚の人がくれたんだそうです。本当は重い蓋で密閉できるお鍋タイプがほしかったようですが、手頃なサイズなのでお試し中の様子。

ホーロー加工

ホーローってよく聞くけどどういったものなのか。

主に熱伝導の良い鋼を型に流し込んで造る鋳物に、ガラス質の釉薬を焼き付けた鉄製の焼物の様な物を言うそうです。鋼とガラスの特性を活かして、耐熱性、耐摩擦性、耐蝕性を持ち、色や光沢も付けれて見栄えも良いのが特徴です。

またガラスはニオイ移りし難いので、臭いが混ざると嫌な卵料理やミルク系の料理にもいいですね。ミルクパンにホーローが多いのはそのせいかな?

鋳物なのでどうしても重いのが欠点ですが、一応鉄板を加工して造る軽いタイプのホーロー鍋もあるそうです。見た目や特性は似ていても厚手の鋼と違って保温性が落ちてしまうようですが。。

ホーローのお手入れ

さて、これまでのお鍋はステンレスだったのでホーローの場合はどう扱えば良いのか。

耐摩擦性、とありますがコレは日常使用でのことのようで、メラミンスポンジや金タワシ等でゴシゴシ削ってしまうと、せっかくのコーティングが剥がれたり、細かな傷で光沢が失われたりするようです。

衝撃や急激な温度変化(熱いままの鍋を冷たい水で洗うのとか)もダメ。

なかなかデリケートなやつのようですヽ(´o`;

中和分解洗浄

と、なるとやっぱり重曹の出番ですね!(*`へ´*)9

重曹のアルカリパワーで油汚れを中和分解して落としてしまうのが一番のようです。

幸い今回は目新しい汚れ。以前のように長年温め続けた真っ黒い奴らとは違います。

コレなら中和して浮かせることでペロっと剥がれてくれそう。

ちなみにこういった新しい焦げ付きの場合、重曹が良いとは限らないようです?油汚れには重曹、ですが野菜などの焦げ付きはアルカリ性なのでクエン酸の方が良いのだとか。

今回はキャベツとベーコンのポトフ風煮込みを作っていたような気がします、、野菜の汚れなのかベーコンの油汚れなのか。。

重曹とクエン酸は混ぜるな危険ではないので混ぜて使うことも出来るのだけど、混ぜると炭酸ガスが出て面白い凄いことになるようなのでちょっと怖いヽ(´o`; まずは重曹で油部分を落として、それでもダメならクエン酸作戦です。

でもそれだけだと寂しい(?)ので、新兵器を投入してみます!(*”ー”)ゞ

テッテレー!その辺にあった油!

なんでも油汚れを落とす際に、重曹水に少し油を足すことで効果が増すのだとか。追い油?なんだろう、水と油が混ざらないから油と油を混ぜて緩くしちゃえ的なことでしょうか。

特に混ぜるな危険的でもなかったので投入!

ものすごいテカテカ浮いてるけどいいのかな。。(’n’

このままコトコト煮込むこと30分ほど。

今回厄介だったのがこの形状。

真っ直ぐなお鍋ではなく注ぎ口がついているのです。なので大きさよりもあまり重曹水が入れられない仕様です。

という事で吹きこぼれないように見張りながら、鍋の上の方にはスプーンで重曹水を回しかけながら見守りました。

煮込み終わったのがコチラ(*`へ´*)r

煮込んだだけでも一部剥がれ落ちて中に浮いているのが見えますね。

これはいい具合です。

一気に冷やすと良くないので少し時間を置いて冷まします。

冷めたら普通に水洗い。

あ、このスポンジまだ元気です(*`へ´*)v

くま「食器洗いなどお手のモノだな兄者」 クマ「左様」 こんにちは、ダンナの人です。 日々の生活に欠かせないスポンジ達。食器洗いからお風呂トイレなどの水回り等など、

 

ささっと水洗いするだけで、、

ペカー!真っ白、、、だ?

新しく付いた焦げ付きは綺麗に落ちましたが、淵の部分をよく見ると真っ白には成っていないのですが、これは汚れではなくコーティングが剥がれてしまっているようです。これは古いから仕方がないかな?

一部剥げたのか汚れているのかわかりにくい部分があったので、こういう場所は追い重曹を試してみましょう。

重曹の粉末を直接ふりかけてゴシゴシ洗うだけ。重曹粉末が研磨剤的な役割も果たしつつ、柔らかいので特に傷もつけません。

色素沈着汚れ

さて、焦げ付きは落とせたはずなのに鍋の底にはくすんだような汚れが付いています。

こういうのは色素沈着と言うもので、細かいキズからホーロー内部に汚れが入り込み変色してしまう状態なのだとか。

こういう汚れには漂白剤、、、なのですが通常の塩素系漂白剤をホーロー鍋に使うと錆びてしまうので厳禁。こういうときは酸素系漂白剤に入っている過炭酸ナトリウムというのが効果的の様です。

うーん、そんなのウチにあるのかなぁ、、、とアチコチ探していると、、

過、、、酸化水素?字面はちょっとにている。。

衣類用漂白剤が一応酸素系だったけど、、

色柄に安心じゃなくて色柄どうにかしたいので多分コレじゃないヽ(´o`;

少し前なら「よし!実験してみようψ(`∇´)ψ」となっていたけどダンナ大人になったので冒険しません。

こんにちは、ダンナの人です。 奥様の料理から猫様の座布団まで日々大活躍のランチョンマット。せっかくのマットがしわくちゃだと台無し!という事で衣類スチーマーを導入した我

漂白剤怖いヽ(´o`;

ここの汚れはちゃんとした過炭酸なんとかを手に入れてからにしましょう。

本日の対戦結果

この後キッチンカウンターを綺麗にして置いてあった物をすべて片付け、ソコソコきれいになったミルクパンのみ目立つように置いておきました(*´艸`*)

ノコノコやってきた奥様はこれみよがしに置かれたミルクパンを見つけ、、

 

奥様「・・・まぁまぁ?」

 

!!ヽ(´o`;

 

過炭酸何とかさえアレば、、!

戦いは続く。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です