ステンレス鍋に傷をつけずに焦げ付き汚れを落とせる「ピカッと輝くシート」

こんにちは、ダンナの人です。

いつも美味しい料理を作ってくれる奥様。そんな奥様に何かしてあげないといけません。でも料理はさっぱりなダンナ、せめて綺麗な道具で気分良く料理をしてもらおう、という事でキッチンや料理用具のお手入れを頑張ってみているわけです。

(※今回も結構な汚れ画像がでてきますので閲覧注意でお願いします)

中でも手強いのが真っ黒に焦げ付いたお鍋。

こんにちは、アルカリ性のダンナの人です。 まずは写真を見ていただきたい。美味しそうでしょう(*´﹃`*) 料理がさっぱりなダンナにとっていつも羨望の的である料理上手な

先日、その真っ黒お鍋をなんとか綺麗にできないかと強引に磨け上げた所、たしかに焦げは落ちたものの鍋の表面は傷だらけにヽ(´o`; 焦げ付いた状態に比べれば綺麗にはなったけど、、コレではいけない。

なんとか傷だらけにしないでも焦げを落とす方法はないものだろうか。

花王マジックリン・ピカッと輝くシート

という事で見つけてきたのがこの「ピカッと輝くシート」です。研磨剤の入った使い捨てのお掃除シート。パッケージの説明を見る限りメラミンスポンジとよく似た印象でしょうか。

ダンナが特に気になったのはこの下の方に書いてある「傷つきにくい」という部分。対象になっている用途が水回りなどの鏡面仕上げをしてある器具類となっているので、研磨剤が入っていてもそこそこ柔らかく磨いてくれるんじゃないかと思ったわけです。

諦めていた手強い汚れ、のなかにお鍋や五徳なども含まれています。となるとホントに落としにくい汚れも多く含まれているはず。。メラミンスポンジより研磨力があって、コゲ落ちくんほど無差別攻撃でない、、そんなアイテムをダンナは求めているのです!(*`へ´*)9

実際に使ってみよう!

というわけで今回も奥様に用意してもらった被験者ががコチラ!(*`へ´*)r

凄いね!いくらでも焦げ付きお鍋出てくるね!さすが奥様。

前回の空焚きレベルの焦げ付きではないものの、コチラも負けず劣らず長年のお手入れをサボった見事な焦げ付き汚れ具合。コレは手強そうだ。。

まずは下準備

今回も下準備として重曹鍋でグツグツ煮込んでから挑戦しようとお思います。重曹のアルカリ成分+熱で油汚れ中心の焦げ付きを落としやすくする作戦です。なるべくお鍋への負担は小さくしたいですしね。

ピカっと輝くシートで研磨

コチラがピカッと輝くシートの中身。普段は濡れないように中にも小袋が入っているようです。コチラは5枚入りのタイプ。お店では同じシリーズで少し効果が低い分、枚数が多く入っているタイプも有りました。

雑巾の様な見た目。キッチンペーパーをもう少し厚くしたような感じですね。触ってみると研磨面がものすごくザラザラしていました。

想像していたザラザラ感とは少し違う、もっと粉っぽいザラザラ感でシート表面に何やらまぶしてある様子。研磨剤以外にも洗浄成分が混じっているようです。

使い方はメラミンスポンジと同じくさっと水を付けてこするだけ。表面に付いた成分が落ちすぎると困るので、水の付け過ぎは良くないようです。

シートを濡らしたらシートで優しく磨いていくだけ。

何やらほんのり泡立ってきましたよ?これも研磨剤が落ちるとダメなので磨いてる途中は洗い流さないほうが良いと注意書きがありました。

磨いていると途中で何やら違和感が、、よーく見てみるとシートの途中にミシン目が入っています。

ペリペリペリペリ、、、

2枚だったヽ(´o`;

説明見ると「半分サイズに切って使える」だってε-(´∀`; ) ちゃんと見てから使いましょう。確かに1枚だとちょっと大きいし半分づつが使いやすそうです。

途中磨き具合を確認したくなるのをぐっと我慢してお鍋全体をゴシゴシ洗っています。手応えはツルツルとなかなか気持ちいいものがあるんですが。。

磨き終わったら水洗い

一通り磨き終わったらザッと水洗いしていきます。

洗ってる最中の手触りが、、!!これは期待できそう!

ピカッとシートの実力は!

きゃああぁぁああぁあぁあああ!(’m’

ナンスカこのペッカー具合!まさに魔法!マジックリン!(’□’

ダンナの知らないうちに魔法使いが新品に入れ替えたんじゃないかってくらいのペカペカ具合ですが、上の方の濃い焦げ付きは残ったままなので同じお鍋に間違いないようです。

しかし表面の滑らかさはほんとに凄い。

ちなみに上の方の焦げ付きがあまり落ちていないのは下処理の重曹鍋の影響でしょうか。前回のお鍋より一回り小さい鍋だったのですが、それでもうちにある鍋には収まり切らなかったので、丁度いいので重曹を使った部分とそうでない部分と差が出るのかも調べてみようということで上の方は煮込まなかったのです。

上の方も結構磨いてみたのですが、ココまでこびりついた焦げ付き汚れはシートでの研磨だけでは落ちないようです。

ナルホドナー!

追試してみました

では追試ということで、上の方も重曹水とのコラボでどれくらい落ちるのか見て見ましょう。うちにあった一番幅広いお鍋、少し浅いので浸かりきりませんが、幅が広い分逆さまにすれば上の方はシッカリ浸かるので、上の方を重点的に重曹水で煮込んでみました。

ちなみに一度使ったシートでもう一度磨いてみると、、

単にペチャっと水がついただけの様子。洗浄成分は一度で流れてしまう様です。

先程切り離したもう半分のシートで磨いてみるとアワアワになり始めました。

この洗浄成分のほうが本体みたいですね。

先ほどと同じように満遍なく磨き上げて、水洗いしてみると。。

ひゃあぁぁぁぁあああぁ!(’m’

おおおおちたあああああ!!

しかも表面に傷なんてありません(ザッと水を拭いたタオルのホコリがついてるけどε-(´∀`; ))ピッカピカじゃないですか!

凄い!ここまで綺麗に落ちれば奥様も満足してくれるはず!

コゲ落ちくんとの比較

さて、前回のコゲ落ちくんとの比較をしてみましょう。

「研磨力」という点においてはコゲ落ちくんの圧勝でしょう。どれだけ頑固な焦げ付き汚れであろうと、焦げ付きどころかお鍋の表面ごと削り落としてしまう程のパワーなので落ちない汚れなどないレベル。

しかし代償として磨いた部分には傷が残っていまいます。

(左:コゲ落ちくん・右:ピカッとシート)

今回の「ピカッと輝くシート」であれば傷はほぼつかないです。が、重曹水のサポートがなければココまで落ちなかったというところを見ると研磨力はそこまで強くはない、といったところでしょうか。

それでもメラミンスポンジだと重曹水で煮込んでもあまり落ちなかったわけなので、鏡面仕上してるお鍋など、あまり傷をつけなくない物の頑固汚れを落とすには最適と言って良いんじゃないでしょうか。

特に使いやすかった点

今回のピカッとシートで特に使いやすいと感じた点は上の様な隙間部分の汚れ。コゲ落ちくんやメラミンスポンジだと、こういう隙間に届かずに汚れが落とせなかったのですが、

薄く柔らかいシートなら溝に合わせて爪でキュっと押し込んで磨いて上げると、

隙間の奥まで届いてピカピカにできてしまうのです!(’m’

これはすごい、すごすぎてテンション上がって奥様に何度も見せに行ったらうざがられましたってくらい凄い(*´艸`*)

ほんとに新品みたいになりました

この輝き、写真でうまく伝えられるでしょうか。ピカピカ過ぎて映り込みがすごくてピントが上手く合わないくらいなんですよ?

という事で、花王のお掃除シート「ピカッと輝くシート」の実力調査でした(*”ー”)ゞ

マジックリンの名前はダテじゃないね!

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です