アルカリがダメなら酸性だ!頑固な水垢にクエン酸で挑んでみました

こんにちは、アルカリ性のダンナの人です。

重曹とメラミンスポンジという強力な武器を手に入れたダンナ。もうこの界隈(キッチン)で我々に勝てる者など居ないのではなかろうか。新たな対戦相手を求めキッチンをウロウロする日々です。

固まってしまった水垢汚れ

対戦相手はすぐに見つかりました。流石我が家。

それがコチラ↑のガラス容器。先日キッチン戸棚の整理をしている時に見つけてきたものです。同じ規格のしっかりした蓋付きガラス容器。これは、調理から保存まで役立ってくれそうなアイテムです。

しかし、、白い!(’o’

どうやら適当に洗ったあときちんと拭かずにそのまま戸棚の奥へと仕舞い込んで長い間放置されていたようです。その間に水道水に含まれるカルキやら何やらが固まってしまっている様子。

うん、このいい加減な洗い方仕舞い方はダンナの仕業ですね。

こんなモノ!メラミンスポンジの餌食にしてやる!ψ(`∇´)ψ

と、戦いを挑むこと約1時間。

 

全く歯がたたないんですけどヽ(´o`;

ど、、どうなってるんですか!

完全に固まってしまっている汚れ。メラミンスポンジ1個分消費してひたすら磨き続けてもこの状態です。どれだけ硬いんですか(’□’

ガラスはメラミンより硬いので力任せに強くこすっても平気な素材です。しかも表面ツルツルだから磨きやすい。メラミンスポンジにとってかなり有利な条件なはずなのに。。

アルカリ性の汚れにはクエン酸で中和

ということで、頑固な水垢に対抗する手段としてたどり着いたのがこのクエン酸と言うもの。

重曹が油汚れに強かったのは、酸性の汚れである油を重曹のアルカリ性が中和分解していたからなわけです。水垢はアルカリ性の汚れなので、同じアルカリ性の重曹では中和できないのです。万能に見えた重曹の人も身内には甘いのかぁε-(´∀`; )

中和することで分解、落としやすく出来るのなら、アルカリ性の汚れには酸性の物をぶつけてしまえばいいという作戦です。

混ぜるな危険

実は前々からクエンさんの武勇は聞き及んでいたのです。彼すごいよって。ダンナの人も以前彼をスカウトしに出かけたことがあります。でも。。

こんなラベル貼ってあるんですよねヽ(´o`;

「まぜるな危険」

危険は危ない。

奥様「混ぜなきゃ平気」

いやでもウッカリ混ざっちゃったら危ないってことじゃないですか!

奥様「ウッカリ混ざるようなところに塩素はないよ!」

ダメだ奥様は危機管理がなっていない。

そもそも塩素もクエン酸も何なのかわかっていないダンナにとって未知の危険なのです。しかし、、今回の対戦相手はこれまでにない強力な水垢!やつに対抗するにはコチラもそれ相応の覚悟で挑まないといけないということか!

ということで急遽クエン酸をゲットしたダンナ。なんとしてもこの水垢を取り除かなくてはいけないです。なぜなら、、この器を見つけた時に「すごい良い器見つけた!ちょっと汚れてるからピカピカにしておいてあげるよ!」と奥様にドヤァしてしまっていたのです。

後には、、引けない!(*`へ´*)9

クエン酸の使用方法

クエン酸の使い方は、対象にもよるのですが基本水に溶かして汚れに掛けると言うもの。この辺りは重曹と同じようですね。スプレーボトルに入れて吹き付けるもよし、ペーパーや布巾に付けて磨いてもよし。

今回は器の内側ということで、お湯に溶いたクエン酸水を注いでみようと思います。

器にお湯を注いで、、

コチラがクエン酸。サラサラの塩の結晶みたいな見た目ですね。

濃度は1Lあたり25gと薄めでいいようです。重曹の半分くらいかな?まるでピンとこないので適当にコレくらいをサラサラ、、と。

あとはこのまま15分ほど放置してみました。

今回はガラス容器なので心配なさそうですが、物によっては腐食することがあるので長時間漬け込むのは良くないそうです。

漬け込み終わったら。。

さーて今回はどのメラミンを使おうか。。食べ物入れる器だからパンにしよう(*`へ´*)9 暫く浸け置いたらこのパンでとどめを刺してやります。

ということで15分ほど寝かせておいたものがコチラ(*`へ´*)r

ウッカリ混ざると危険らしいのでさっさと洗い流してしまいましょう。ザッパー・・・。

(*”ー”)・・・あれ?

(*”ー”)・・・おや?

ざっと手洗いしているだけで気がつくくらい、手触りがおかしい。

つるんつるん(’o’

頑固にこびりついていたあのザラザラ感がしないのです。

ざっと洗った後よーく見てみると、うっすら見つけました。

恐らくこの部分の汚れ(’m’

漬けておいただけでココまで落ちてるの!?(’□’

もしかしてメラミンを使うほどでもないのでは、、と普通の台所スポンジで軽く洗ってみたところ。。

ペカー!(’□’

ここここここれは!

他の器を見てみてもこの輝き(’m’

これが中和分解のパワーか!

腕がつりそうになるくらいメラミンスポンジで磨き続けたあの時間は一体。。ヽ(´o`; 正しい掃除方法で洗えばココまで差がつくのですね。

本日の対戦結果

流石アルカリ汚れに特化したクエン酸。相性によってココまで差が出るとはまるでカードゲームみたいですね。また一つ強力なカードを手に入れてしまったダンナ。もはやキッチンには手応えのある相手は居なくなってしまったかもしれない(所々にある黒ずみを見ないふりしながら)

ということで重曹の苦手な汚れも落とせるクエン酸を使った掃除のお話でした。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です