挿し木で増やしたローズマリーが元気が無いのです

こんにちは、ダンナの人です。

傷んでいたローズマリーの本株から剪定した枝を挿し木にして育てている挿し木姉妹達。上の写真は2月の終わり頃のもの。どちらも寒さにも負けず青々と元気に育ってくれていました。

こんにちは、ダンナの人です。 前回、縁があって我が家にやってきたローズマリーの話を書きましたが、実はこの話には続き、、というか並行して別のお話もあるのです。今回はその

しかし、妹の方(写真右)が最近元気が無いのですヽ(´o`;

弱ってしまったローズマリーの挿し木

コチラが現在の挿し木さん(妹)

傷んだ葉は落としたので色味は鮮やかに見えます。先の方はまだまだ元気なんですよね。しかし枝には力がなくだらりと垂れ下がっています。

元々水耕栽培とは相性の悪いローズマリー。

育て方が良くなかったんだろうか、、と思わなくもないのだけど、ほぼ同じ環境で育っている同じく挿し木から育てた挿し木さん(姉)の方はと言うと、、。

モッサー!(’m’

コレでもか!ってくらい元気。本株に迫るサイズでモリモリ育っています。サイズだけでなく、枝の一本一本に力があるので長く伸びてもシッカリ自立しています。

葉もぷっくり厚みがあって鮮やかな緑。

ほとんどすべての葉の付け根からは新芽も見えています。

どうしてココまで差がついているのか、、、

原因は恐らくコレ。

↑の写真は姉の鉢に使われている土です。

水耕栽培と言っても土は使います。リーフレタスのような葉野菜なら土無しやスポンジ培地でもいけますが、ローズマリーの様な木となるとシッカリ根を張り支える為の土が必要になってきます(支えるための土なので栄養は要らないけど)

姉の鉢に使われているのはハイドロボールと呼ばれる発泡セラミックの粒です。人口軽石のようなもので内部に細かい気泡があって、そこに水分を溜め込んで植物の根に水と栄養を供給してくれます。

コチラは妹の鉢に使われている土の表面。

妹の鉢にはハイドロボールが足りなくなってしまい、代わりに魔法の土と呼ばれるヤシの実から作られた繊維質の土を使いました。この土は水耕栽培と相性もよくコレまでもバジルやイタリアンパセリでも使っていたのですが、この土の欠点は保湿性が高すぎるという所。

ヤシの実の繊維の中に水分を溜め込んでくれるのですが、ハイドロボールのようにボール同士の間に隙間が出来ることがないのでギュンギュン水を吸い上げて蓄えてしまうのです。大食らいのバジルやディルなら良いのですが、乾燥を好むローズマリーには過湿すぎるようで表面には白カビらしきもの浮いてきてしまっています。

過剰な湿気で根が弱り、葉も傷んできたのかもしれません。実際に葉が傷んだのは根本、土に近い所ばかりで枝先は元気です。

ハイドロボールに植え替え

少し前から弱り始めていたので、こまめに新鮮な水に変えたり、傷んだ葉を落として余分なエネルギーを使わないようにとしてきたのですが回復の兆しはありません。これは良くない、、という事で、少しでも可能性の有りそうなハイドロボールへの植え替えをしてみることにしました。

テッテレー!ハイドロボール!

妹さんの為に用意したのがコチラのハイドロボール!(*`へ´*)9

少し粒の大きなタイプをチョイスしてみました。より水はけの良いものをという作戦です。

まずは下準備。

植木鉢の内側に使っているカップで必要分のハイドロボールを計量して、、

シッカリ水洗い。100円ショップなどで手に入れた産地の怪しいものの場合は、微生物も怖いので熱湯消毒しておくと良さそうです。

ザルに開けて余分な水分をとばしつつ、

オペを始めます!n(*`へ´*)n

根を傷つけないようにそーっとカップから取り出して、、

うんうん、大丈夫そう。根はまだまだシッカリしています。

土を落としてみた所。

伸びたねー!(’m’

以前のこんなヘナチョコい根からココまで伸びるとは、植物のパワーは凄い。

では早速植え替えを。

今回は粒が大きいので要らないかもしれないけど一応底敷きもカップの底において、、

根を広げながらそーっとハイドロボールを入れて固定していきます。

テッテレー!植え替え完了!(*`へ´*)9

隙間が多くて支えにくそうに見えるけど、ココまで根が伸びていれば結構ガッチリです。

引っ越しが終われば美味しいご飯で元気を取り戻してもらいましょう。

コチラはハイポニカの液体肥料。水に薄めて使うことで植物達に必要な栄養がシッカリ取れるのです。コレのお陰で土を作る必要が無いので楽ですね。

作った液肥をブリキのバケツに注いで。。

カポッと苗ポットをはめ込めば2層式水耕ポットの完成です(*´艸`*)

少し弱っているので添え木代わりと肉食獣から挿し木さんを守る警備員として黒猫さん出動!(*`へ´*)9

ひとまずはコレで様子を見ていこうと思います。

ローズマリーは環境変化にはあまり強くないそうで、植替えの時が一番弱ってしまうらしいです。気をつけなければ。。

何とか元気になって、姉に負けないくらい大きくなってくれるといいなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です