キッチンに観葉植物を可愛く飾ってみた

こんにちは、ダンナの人です。

ダンナは植物が好きですが我が家には観葉植物を飾ったことがありません。水耕以外での植物の育て方がよくわからないというのもありますが、いくつかの難題も抱えているのです。

今までも何度か奥様に提案したことはありました。

 

ダンナ「この辺に綺麗な観葉植物置きたいね!」

奥様「それ食べれるの?」

 

(*”ー”)・・・。

こうしてハーブが増えていくのだ。

観葉植物を飾ろう

奥様の胃袋意外にも問題があります。

猫様だ。

肉食の猫様は好んで植物を食べるということはないのだけど、カサカサと揺れる葉や枝を玩具にしている内に口に入ってしまうことが有ります。中には猫に分解できない毒素を含む植物も多々あり、嘔吐や麻痺などを引き起こすことがあります。

野菜ならトマトの様に隔離してしまえば良いのだけど観葉植物を隠しては観葉じゃななくなるしε-(´∀`; )

こんにちは、ダンナの人です。 我が家にはハーブを中心に幾つかの植物たちが水耕栽培されています。大半の植物たちは光合成のために陽当りのいい場所を好むので、うちの子達も窓辺で過ご

 

ということで猫様に無害な観葉植物をずっと探していたのです。

ガジュマルとパキラ

(ΦωΦ)毒味してあげよう

春頃からずっと探していたのだけどなかなか良い子に巡り会えず、こんな寒い季節になって漸く気に入った子が見つかりました。

ガジュマルとパキラです(*`へ´*)r

どちらもお手軽な観葉植物として定番な種類です。

多幸の木と呼ばれるガジュマル。縁起物としてだけでなく独特の見た目で人気の植物です。挿し木で増やすので、この個性的な枝(根?)は1つとして同じものがなく好みの子を探すのが大変です。

大きすぎず、、小さすぎず、、それでいて可愛らしく纏まった子、、。

ベタ選びもこんな感じなんですかね?(*´艸`*)

こちらも人気のパキラ。力強く広がった葉っぱが素敵ですね。同じように挿し木で増やすことが出来てお手軽なのでホームセンターどころか100円ショップでも見かけることがある定番植物。

 

漸く迎えることが出来たこの2株を水耕栽培で育てていこうと思います(*”ー”)ゞ

暖かく日光浴もさせやすく、インテリアのほしい場所、、ということで置き場所はキッチンにすることに。

水耕容器に植え替えよう

先ずは水耕栽培用の容器に植え替えないといけません、、。

が、

実はガジュマルの方は元々水耕栽培で育てられている物でした。

水耕用のポットにレカトン系ハイドロボールで植えられています。このポットは中央に見える溝に水位計をセットできるしっかりしたもの。これ、、、試してみたかったんだよね、。

この手の水耕ポットはサイズの合う底穴の無い器に入れればそのまま水耕栽培できる便利な物。ただ、、事前に用意していた器だと少しサイズが合わない様子。

別に用意したピッタリサイズのポットに植え替えることにしました。

一応ざっくり鉢底ネットを敷いて土が漏れないようにして、、

いつもの根腐れ防止用ゼオライトを敷いていきます。

さらさらさらさら〜、、、。

ざらざらざらざら〜、、、ヽ(´o`;

 

ま、、まぁだいたい入ればいいでしょう。普段は水切りネットを使うのだけど隣の部屋まで取りに行くのが面倒だったんです。

次にざっくり洗ったハイドロボールを用意して、。

軽く底に敷いておきます。

ガジュマルをポットから取り出します。シッカリ根を張っているようでくっついて剥がれませんね。同じレカトン系のハイドロボールのようなので混ざってもいいし、根を傷つけないように軽く取り除く程度にしました。

新しいポットにスポッと。

洗った新しいハイドロボールを追加して根を固定していきます。ポットの側面を軽くペコペコと揉みながらやると隙間に入り込んでいってくれます。

綺麗に飾ろう

中身はこれでいいのだけど、レカトン系ハイドロボールは余り見た目がよろしくありません(ネオコールやセラミスはソコソコ良い)なので綺麗にしていきましょう。

用意したのはこちら(*`へ´*)r

100均の多肉やエアプランツの装飾に使う化粧砂です。ゼオライトではなく普通の砂利のようです。とてもキレイな色が、、、怪しいヽ(´o`;

ざっくり水洗いしてみたけど、水が汚れる様子もなく、色が滲む気配もない。人工着色、、ですよね?

あやしい、、、。

google日本語入力で「あやしい」と入れると変換候補に「あやしい彼女」と出てくるくらい怪しい。何が有ったんですかね?

ともあれ表面のハイドロボールが隠れるように化粧砂を入れていきます。小さいスプーンで隙間に押し込みながらザクザクと、、。

でけた!(*`へ´*)9

可愛い器を用意しよう

で、肝心の器です。

近所のホームセンターで見つけた中々可愛らしい器。

底穴のないシンプルタイプ。

パット見スープが飲めそうな普通のカップですがちゃんと園芸用。分類すると鉢カバーと言うそうです。園芸用品って何号とか企画があるっぽくてそれに合わせて作られたもの。規格通りのポットで売られている植物をそのままスポッと収めて使うんだそうな。

チャームさんでも扱ってるらしく、ガーデニング>鉢カバーのコーナーに見た目が同じぽいものがありました。割と定番のアイテムなのかもしれません。

そしていつものハイポニカ液体肥料。何位でも使えて頼もしいです。

溶液を薄めて液肥を作ってカップの底に注いでいきます。腰水位なので1/4くらい注いでみました。

このカップにスポッとハメ込めば、、。

水耕観葉植物の完成だ!(*`へ´*)9

なかなかよろしいんじゃないでしょうか(*´艸`*)

パキラの植え替え

続いてパキラの方も植え替えていきます。

こちらは普通の土耕の苗。にしても、、随分独特のポットに入ってますね。

 

(*”ー”)・・・。

 

 

(*”ー”)・・?

 

 

(*”ー”)???

 

え?、、、なんすかねコレヽ(´o`;

 

と、、ともかく土を落としていきましょう。結構みっちり根が張ってます。

この土を落としていくのだけど、、強くやると根が傷ついてしまいそうです。セラミスという水耕材だと土が残ったままでも植え替えられるようだけど、、今回はレカトンで揃えたいのでシッカリ落としていきます。

流水だと強そうなので器に水を張ってその中で優しくすすぎ洗い。

だいたいコレくらいでいいでしょう。

後は同じ手順でハイドロボールに埋めていって、、。

色違いの化粧砂でカバーしてみました。

鉢カバーの色も違うのを用意して、、。

飾ってみよう

テッテレー!完成だ!(*`へ´*)9

カバーと化粧砂がちょうどいい具合に色が合いました。鉢はもう1色青いのもあるんだけど、、ちょうどいい植物がなかったのと、これはこれでペアっぽいし良いかな(*´艸`*)

ガジュマルとパキラも丁度同じくらいのサイズでピッタリ。

そうそう、いくら猫様が口に入れても平気と言っても口に入れられた植物の方はたまったものではありません。今回もシッカリ警備員を付けておきましょう。

パキラには豆大福。

ガジュマルにはきな粉バージョンで!

本日の対戦結果

ということでキッチンカウンターに飾ってみました。

ペアの羊の器も何となく置いてみたけど、多肉とかエアプランツとか添えると更に良くなるかもしれない。

 

これは、、思ったより良い出来!

奥様驚くぞ〜?(*´艸`*)

 

ダンナ「(ドヤァ)」

奥様「あ、良い子いたんだ」

・・・すたすたすた。、。

 

!?(’m’

 

ダンナ「えっと、、警備の子もいるんですが・・。」

奥様「あ!大福だ!(’o’」

 

そっちにはいい反応するんだ。

オマケ

パキラの入っていたヘンテコな器。よく見ると中に何か付いてます。

ロゴを見ると、、、マグポット?磁石なのかな?

と冷蔵庫に付けてみると、、。

くっついた!(’m’

何処にでも飾れるアイデア商品、、!

 

。。。でも底穴開いてるから水やりの度に大惨事だねε-(´∀`; )

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です