便利な水耕栽培用品と猫様のサラダバー

こんにちは、ダンナの人です。

猫ハーブをご存知でしょうか?

猫様は完全肉食ですが植物がダメというわけではなく、肉食獣の消化器官では固い植物の栄養を上手く吸収できないから食べないだけで、植物に含まれる栄養素は猫様の健康維持にも役立つものがたくさん含まれています。

特にレモンバーム(メリッサ)は甲状腺ホルモンのバランスを整える働きが有るとかで、食事に混ぜたりサプリを与える飼い主さんもいるのだとか(※獣医学的に研究されているようですが原文は難しくてよく解らず。与える場合はシッカリ調べるか、かかりつけの獣医師さんに相談してからにしましょう)

我が家でもレモンバームを育ててみてはいますが今のところ猫様は無関心のようです。

 

健康食としての猫ハーブもありますが、嗜好品(?)なハーブも幾つか存在するようで、代表的なのはキャットニップという西洋またたびと呼ばれるシソ科のハーブ。よく猫様の玩具に粉末化したマタタビが付いてきますがそれのもととなるハーブです。

そういう猫様の喜ぶハーブの存在がずっと気にはなっていたのですが、、、先日チャームさんのガーデニングコーナーを覗いていると噂(?)の猫ハーブの取扱があったので思わずポチってしまいました。

キャットタイムとキャットミントがやってきた

テッテレー!届いたよ!(*`へ´*)9

お迎えしたのはキャットタイムとキャットミント。

育ててみたかったのはこちらのキャットタイム。タイムという名前はついていますが見た目が似ているだけで別のシソ科の多年草。耐寒性が有るのでこれからの季節でも育てることが出来ます。

写真で見る限り随分と綺麗なハーブだったので観葉にも良いかなと気になっていたのでした。

もう一つがキャットミント。ミントというと「猫よけ」として育てられることが多いハーブ。なのにこれは猫様が好きな香りのミントらっしい?ラベルにピンクとありますが、品種によって花の色が違うみたいです。

ミントも寒さに強いのでこれからの季節にちょうどいいですね。

 

この2種類のハーブにキャットニップを加えた3種が「猫のサラダバー3種の神器」と呼ぶそうです(*´艸`*) キャットニップはマタタビ的で個体差もあるけど刺激が強すぎるかもしれないので今回は見送り。

 

まぁ実際のところ健康食とか嗜好品とかどうでもいいんです。ウッカリ猫様が口にした時に危険な植物かどうかの判断基準のようなものです。

先程からガッサガッサと襲われているところを見る限り、嫌いではない様子ε-(´∀`; )

早くなんとかしてあげないと植える前に倒されてしまう!

 

さて、今回ハーブは苗で迎えてみました。種からでも良かったのだけど、良さげなものを見つけられなかったのと発芽には室温が少し下がりすぎたかなと言うことで。

育てるのは今回も水耕栽培のつもりですが、それに合わせて以前から気になっていた水耕栽培用品も購入してみました。

水耕栽培用の便利アイテム達

今回使用する水耕栽培用品がこちら(*`へ´*)r

まずはこれ、ハイドロカルチャー用内容器。パット見普通の苗ポットのようですが、水耕栽培向けに工夫されています。

取り出してみてみると、普通のポットより水が回りやすいようにスリッドが大きく付けられています。

この形最近見ましたね?

こんにちは、ダンナの人です。 ダンナは植物が好きですが我が家には観葉植物を飾ったことがありません。水耕以外での植物の育て方がよくわからないというのもありますが、いくつかの難題

そう、先日のガジュマルが植えられていたポットです。

試してみたかったんですよ(*´艸`*)

特徴的なこの溝。

ココにセットするアイテムが、、!

ジャーン!コイツだ!(*`へ´*)r

これは水位計と言って、一々ポットの中を見なくても液肥がどれくらい入っているかを知ることが出来る便利アイテム。

パイプ状のケースの中に浮きが入っていて水位に合わせて動いてくれるのです。

これを、、、

ガシャーン!合☆体!(*`へ´*)9

(どやぁ)

先程のポットの溝に取り付けることが出来るんです。凄い!カッコイイ(?)

 

で、これは内容器なので

こういう鉢カバーと組み合わせて使うことが出来ます。

ドドーン!更に合体!!(*`へ´*)ノノ

これもガジュマル達に使ったのと同じ仕組みのもので、穴の空いていない鉢と内容器を組み合わせて2重底の水耕容器に出来るアイテムです。

商品リンクを張っておきたかったのだけどカエレバだと上手く検索できず。今回使用したアイテムは全てチャームさんで取り扱っているので気になる人は上のリンクから「ガーデニング>園芸用品>水耕栽培」とカテゴリ辿って探してみてください。

今回鉢は2つ買ったのだけど、クオリティに少し差がある様子。

緑の方は口が広すぎて内容器が落ちてしまいましたヽ(´o`;

仕方がないので内容器の方の縁にビニールテープを巻きつけてサイズアップさせました。

滑り止めにもなってシッカリ保持!(*`へ´*)9

植え替えをしよう

では早速植え替えをしていきましょう。

袋から取り出してみると、、。

さきっぽが折れてるヽ(´o`;

せっかくきれいな苗だったのに、、まるで肉食獣に襲われたかのよう、、。

ビニールポットから取り出そうとするも随分ガッチリしていて中々取り出せません。仕方がないので鋏で切って剥がしていきました。

みっちり!(’m’

健康そうに育っています。

これをほぐして土を取り外していくのだけどココまでみっちり生えそろっていると強引に剥がすと根がボロボロになってしまいます。

のでボールに水を張って少しずつ揉みほぐしながら土を落としていきました。

これくらい、、、かな。

根っこがすごく長い。

 

今回折角なので人工土も別のものを使ってみることにしました。

それがこちら、ネオコールという水耕栽培用人工土です。

 

見た目はちょっと小綺麗なレカトン系セラミックボール(ハイドロボール)といった感じですが、中を見ると違いがわかります。

 

・・・パキッ!

 

真っ黒!(’m’

中身は炭なのだ。

木炭をセラミックコーティングしたのがネオコール。炭の老廃物吸着効果とセラミックの保水性を併せ持つハイブリッド水耕用土!なんだか響きが良いね!

少しお高いので普段使えないのだけど、チャームさんでお手頃なネオコールが有ったのでお試ししてみました。

 

んー・・・。若干コーティングが薄い気がする、、。

そして洗っても洗ってもきれいにならないヽ(´o`;

ぐぬぬ、、、世の中お値段並みか!

ではざっくり洗ったネオコールを内容器の底に敷いていきます。

今回中粒の物を用意したので鉢底ネット等は必要無さそうです。鉢の形状から水はたっぷりはいるし苗も立派で根がしっかりしているので、本当に支えるだけの用土でいい感じです。

種からの場合は別のスポンジ培地で育てるか、中粒の上に小粒、その上にバーミキュライト等細かく敷いてから植えないと沈んでしまいます。

底に軽く敷き詰めたら苗をセット。なるべく根を広げながら植え替えていきました。

根が潰れないように、根がずれないように、そーっと隙間に詰め込んでいきます。

シッカリ固定できたら上までネオコールを敷き詰めて、、。

鉢にスポーン!

植え替え完了!

なかなか小奇麗にまとまったんじゃないでしょうか。

さて、今回はココからが本番!

液肥を入れてみよう

いつものようにハイポニカを薄めて液肥を作り、。

水位計を見ながら液肥を入れていきます。

 

とくとくとくとく、、、。

 

ぐぐぐぐぐぐぐ、、!

 

とくとくとくとく、、、!

 

ドーン!!

 

入れすぎた(’m’

 

最初は浮の示す位置と中の水量を確認しながら適量を測ると良さそうです。

これがアレば水のヘリ具合も一々ポットを取り出して中を確認しなくても判るようになります。便利だね!

キャットミントも植え変えよう

続いてキャットミントの方も植え替えていきます。シソ系の葉っぱにふんわり産毛が生えて柔らかそうですね。小さい葉も可愛らしい。

こちらもビニールポットから取り出して土を洗い流し、。

ネオコールでシッカリ根を支えていきます。

鉢にセットしたら液肥を注いで、、

あっと言う間に植え替え完了!(*”ー”)ゞ

ということで、新たに2株のハーブが我が家にやって来ました。

どちらもカナリきれいな状態で届きました。ホームセンターでも見たのだけどこういうお安いハーブは外で雨ざらしになっていてボロボロなのがほとんどなんですよね。

通販で苗とか最初はどうかと思ったけど、さすがチャームさん、やりおるな!

どちらもシッカリ根付いてくれるといいなぁ。

本日の対戦結果

肝心の猫様は気に入ってくれるのかな?

(ΦωΦ)クンクン、、。

(ΦωΦ)ほほー。。

(ΦωΦ)っペチッ!

 

なんでさーヽ(´o`;

 

オマケ

その後一息ついてコタツで寛いでいると猫様の姿が見えない。

そして植物棚の置いてある部屋から何やら怪しげな音が聞こえてきます。。

 

カラーン

コツーン

コロコロコロ、、

 

どうやらネオコールは丁度いいボールの玩具として認めてもらえたようですε-(´∀`; )

 

警備員配備し忘れてた!

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です