可愛いブリキバケツをゲットしたので水耕栽培ポットに改造してみました。

こんにちは、ダンナの人です。

突然ですが緑は好きですか?とても落ち着く色合いだし、特に植物の緑は力強さも合ってとても好きです。昔から観葉植物やテラリウムに憧れがあって、キッチンやテーブルをワンポイントの緑で飾りたいなとはずっと思っています。

が、一部のエアプランツや多肉植物でもない限り、水耕栽培っておもったより見栄えが良くないんですよねε-(´∀`; ) ペットボトルや水切りザル、発泡スチロール容器等が主流なのでそれは仕方がないところなのだけど。。

しかし、ローズマリーの挿し木に使っているブリキのバケツが中々見栄えするんじゃないかなと思ったのです(*´﹃`*) 構造は同じでもカバーや容器を綺麗なものにすれば飾れるレベルになるかもしれない。

こんにちは、ダンナの人です。 前回、縁があって我が家にやってきたローズマリーの話を書きましたが、実はこの話には続き、、というか並行して別のお話もあるのです。今回はその

今ハーブたちはカーテンの裏側(窓側)やランドリールームの窓の側にぽつんと置いているだけ。折角植えてる緑ですからせめて見える所に置きたいのです。

ニトリのブリキプランターポット

という事で見つけてきたのがニトリのブリキポット。シンプルなブリキのバケツだけど、白く塗装もしてあってとても綺麗なのです(*´﹃`*) なんとかコレを使って見栄えの良い植木鉢を作ってみたいなぁ。

このポットの用途はカバーのようなもので、中に植木鉢を入れて使うようです。勿論このポット自体を植木鉢として使うことも出来るのですが、普通の植木鉢と違って水切り穴がないので、あまり水を必要としない植物(多肉等)用ですかね。

でも水耕栽培の場合、普通の植木鉢を使うとしたらその水切り穴を塞いで水を貯めれるようにして使うわけなので、穴がない方が好ましいはず!

一応このサイズに合う植木鉢はないものかなと探してはみたものの見つからず。このポットに直接土を入れても良いのだけど、それだと水の量もわかりにくいし浸かりすぎてしまう、、。

内袋式水耕ポット

そこで思いついたのが内側に土の入った袋を入れる方法。台所の水切り袋や麻袋に土を入れて、水を入れたポットの中に入れるというわけです。この方法は水切ザル等でスポンジを使わずに栽培する時によく使われるやり方。

しかし袋を直接だと、給水時に袋を持ち上げる度に土が崩れて、せっかく張った根が傷んでしまいそう。葉や茎も支えられなくなってしまいます。

という事で内側に土を動かないように固定できるケースがほしいわけです。

で、見つけてきたのがコチラ(*`へ´*)r

100円ショップで見つけてきた、、、多分お風呂でシャンプーボトルとかを立てるステンレス製のスタンド。コレを内側の骨組みにすれば型くずれしないのではないかと思ったのです。

融通のききそうなワイヤーフレームに根張りを邪魔しないスカスカな底。適度な足も付いているのでタンクと培地を区切れそうです。まさに今ほしいやつ!

いざ!セット!

ガシャン!、、、惜しい!

全体的なサイズは丁度良さげなのですが、ブリキバケツの底がすぼんでいるので下のほうが当たってしまう様です。おしいね!

しかしそこは100均クオリティ(*´艸`*)

ジャーン!(*`へ´*)9

力こそ正義!ってどこかの大統領も言っていました。

グニッ、、柔らかいε-(´∀`; )

テッテレー!ほーらぴったり(*`へ´*)v

こうして出来た内側の枠に、

こういう台所の三角コーナーにかぶせて使う水切りゴミ袋をかぶせるのです。

水切り袋にも種類があって、みかんネットのような粗いネットタイプのものだとバーミキュライトやヤシの繊維を加工した人口土等を入れた時に、目が粗すぎて溢れてしまうので、お茶パックの様な不織布タイプが使いやすいです。

フィルターのように水以外は通さないようになっていますが、水はけを良くするために全体的に小さな穴もあいていました。コレなら植物が育っても根を外に伸ばせそうです。

この袋を先程のステンレスラックに被せれば、、!

内側が培地用の容器に早変わりです。

でもそれだけだと見栄えがいまいちだし、袋がズレて土が零れそうなので、更に上から野菜保存用の麻袋(コレも100円ショップで見つけたもの)を被せてみました。

これをブリキカバーにはめ込むと、、、!

oh!いいねいいね!

これで内側から緑がモッサーっとしてると見栄えが良いような気がします。ブリキポットの寄せ植えなんかもこんな麻袋被せるよね!

実際に植えてみました

組み合わせてみた完成予想がおもったより良い出来だったので早く植えてみたくなりますね。というか実際にモッサらないともう一つピンときません。

という事で丁度魔法の土(ヤシの繊維を砕いた人口土)も種も残っていたので早速実戦投入してみました(*`へ´*)ゞ

内袋に人口土を入れてみた所。麻袋に入れない状態でも持ち上げてみても崩れる様子はありません。コレくらいホールドしてくれていれば大丈夫そうですね。

これに麻袋を被せて、。、

水を張ったブリキポットの中に、、。

ザッブーン!ψ(`∇´)ψ

完☆璧!

少し細身のフレームに土を入れ、ふんわり麻袋でカバーしている状態なので適度な隙間があるのがちょうどいいですね。これなら袋ごと取り出さなくても少し麻袋を動かすだけで水量確認や吸水ができそうです。

植えてみるのは栽培の簡単なベビーリーフ。

小松菜やレタス等の小さい葉の野菜たちです。

全体的にパラパラパラ〜っと蒔いたら軽くだけ土をかぶせてあげます。

表面が乾燥しすぎないようにトイレットペーパー(水に溶けないティッシュはx。トイレットペーパーもダブルだったら1枚剥いでシングルに)を軽く被せて霧吹きで抑えます。

折角なので何を植えたか判るように看板を建てて上げましょう。

べびーりーふ、、、っと。

達筆すぎて台無し!(’m’

警備の人が見当たらなかったのでスコップを建てて作業中ですよ感を出しておきました。これで自分の陣地アピールです(陽当りの良い窓辺は猫様の縄張りなので)

いつものように窓辺に置いて様子を見ます。基本放置で時々乾きすぎないように霧吹きで保水してあげる程度です。

成長早くて育てやすいベビーリーフとは言え、種まきに失敗したばかりなのでちょっと不安。どうか上手く育ってくれますように(*”ー”)人

こんにちは、ダンナの人です。 普段ハーブたちの種まきは適当なタッパーなどにスポンジを敷いて植えていましたが、悩みどころだったのが根が横に伸びてしまうという問題。スポンジの内側

ベビーリーフ経過観察

 

(*”ー”)・・・。

 

ちなみに種まきしたのが5月2日の夕方。

そして今朝(5月5日)。。

 

えっ!?(’o’

表面保湿用のペーパーをめくってみると。。

早すぎるよ!(’□’

ディルやパセリなら2週間はかかるよ!?

かなり、パワフルの様です。

楽しみ〜♪

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です