ダンナの人がWordPressのカスタマイズに使っているアプリのご紹介

こんにちは、ダンナの人です。

このブログはWordpressで書いているのですが、Wordpressが色々カスタマイズ出来て楽しいというのは以前書いたとおり。テーマも自分で作ったものを使用しています。弄るのが楽しすぎて記事を書いてる時間よりテーマファイルとにらめっこしている時間のほうが長いくらいにε-(´∀`; )

テーマ作りの方も記事にしたいと思いつつ、説明できるほど理解が進んでいないというのもあってなかなか書けません。とりあえず今回はダンナの人がWordpressカスタマイズで使っているアプリを紹介したいと思います(*”ー”)ゞ

何はともあれテキストエディター

WordPressは一応ブラウザベースで作られているので大抵の事はブラウザ上でカスタマイズ出来てしまいます。ですがやっぱり扱いやすいエディターがあると何かと効率が良かったりするのです。

adobe Brackets

メインで使っているエディターがコチラ「adobe Brackets」です。adobeが配布しているフリーのエディターでHTMLやCSS、PHPと言った様々な言語に対応して編集をサポートしてくれる素敵エディタなのです(*´﹃`*)

面白いのはフォルダ単位で管理できるということ。Wordpressのテーマフォルダを開くと、その中身を一覧、管理してくれます。分割表示やコードハイライト(要素ごとに色分けして見やすくしてくれる機能)もわかりやすいですね。

色分けだけでなくコードヒントもタグやプロパティをキチンと把握してないダンナの人には大助かりの機能です。途中までタグやスタイルを入力するだけで入力したい単語をリストアップしてくれて、選んだタグを自動で入力してくれます。タグなら自動で閉じタグまで入れてくれたり、スタイルなら:で次のプロパティ指定に移動してくれます。サービス良いね!(*´艸`*)

でも一番便利なのはライブプレビューでしょうか。編集中のCSSなどをリアルタイムでブラウザに結果表示してくれる機能があるのです。しかも編集中のクラスをハイライト表示してくれる親切さ!いちいち保存してブラウザリロードして、、という手間がないのでサクサク編集できます。

テーマや拡張機能も豊富なので自分好みにカスタマイズできるのもポイント高いですね。でも機能多すぎてそんなに使いこなせないのと、拡張機能の大半は英語なので欲しい機能を見つけるのが大変だったり。。ヽ(´o`;

同じようなエディタにAtomというのがありますが、Bracketsの良いところはデフォルト状態でもかなり使いやすいというのが魅力の一つです。Atomはかなりカスタマイズできるようですが、すこしプログラマよりというか、、わかりにくかったです。

シンプルに使いやすい「CotEditor」

Bracketsは色々出来て便利ですが、別フォルダの単品ファイルやダウンロードしてきたソースなど、ちょっとだけ触りたい時に便利なのがこの「CotEditor」です。見た目はシンプルだけど必要な機能はシッカリ入ってるので大半の事はコレでまかなえちゃいそうです。

ブラウザの編集機能も便利

忘れちゃいけないのがGoogleChromeのデベロッパーツール。こちらもBracketsの様にソースをハイライトしてくれつつ、指定されているスタイルのをリストアップしてくれたり便利な機能が満載です。動的に作られるソース部分なども見つつ編集したい時に特に役に立ってくれます。この機能、ツイツイ色んなサイトの構造とか覗きたくなってしまうのが困った所ですね(*´艸`*)

仮想サーバでテスト環境も

テーマファイルを色々いじってしまうと壊れてしまったり、カスタマイズ途中の状態だと不都合があったりします。そんな時に便利なのがローカル、つまり手元のパソコン上にサーバを立ててテスト環境を作ってしまおうというもの。ここならどれだけいじっても影響出ないですからね。

イキナリサーバ立てるとか難しそうだなぁ、、と思いがちですが、いや難しいのかもだけど、それを簡単にするアプリがコチラ。

MAMP

WordPressを動かすのに必要なWebサーバやデータベースを纏めて管理してくれるアプリです(Windows用はXAMPP)

公式ページからダウンロードしてインストールするだけという手軽さでローカルサーバが出来てしまうのです。ビックリですね(’m’

ローカルでWordpressを動かす場合は、インストール後サーバを起動ボタンを押すとブラウザ上に表示されるスタートページからphpMyAdminメニューを開き、そこからデータベースを新規作成。

MAMPのアプリフォルダに有るhtdocsフォルダの中にWordpressファイル(Wordpress.org公式でダウンロード)を放り込み、初期設定に先程作ったデータベースを指定してあげると、、

手元のパソコンの中でWordpressが動き出してくれるのです(*`へ´*)9

これでレンタルサーバ上のWordpress本体を触らなくてもカスタマイズが出来るので色んなテストが出来て楽しいです。カスタマイズ途中のグチャぐたの状態で中断しても影響無いですしね。

 

ということで、ダンナの人がWordpressカスタマイズに使っているアプリのご紹介でした。Bracketsは便利な拡張機能も多いようでもっと使いこなしたいのだけど、、素のままでも便利すぎて細かいところまで調べてなかったりするのが勿体無いですね。

使い方の記事かけるくらいには弄りたいところです。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です