冬のメダカ繁殖計画#13・新お子様水槽植栽編

こんにちは、ダンナの人です。

この冬生まれの針子達が大きくなる前に、引越し先の新水槽を準備しなければならないというのに、、。数分おきに猫様がダンナと水槽の間に割って入ってきて「撫でれーモフれー鬼ごっこしようゼ!」と邪魔しに来るので中断してばかりで中々作業が進みません。

一見「何そのパラダイス」的な悩みですが、水槽掃除の最中とかにこれをやられると抜けた猫毛が水槽に大量混入してたりして掃除前よりゴミが増えてるなんてことも、、。

(*”ー”)・・・。

パット見糸状コケだしミナミさん達間違えて食べてくれないかなぁ。

 

ということで作業再開!今回は主役となる水草たちを植えていきたいと思います(*”ー”)ゞ

新お子様水槽・植栽編

前回底床敷きまで終わったこの水槽。このまま水草を植えていくと濡れた水草にソイルがくっついてきたり、注水後に浮いたり濁ったりして困ります。なので最初にシッカリ霧吹きで水分を含ませていきます。

抜けやすい前景草は水を含んで重くなったソイルのほうが植えやすいしね。

本当は全部霧吹きでゆっくりなじませるのが良いのかもだけど、それだと時間がかかりすぎるので表面に水分が行き渡ったらカップで注水していきました。

崩れても整えやすそうな砂の端っこからそーっと、、。

一旦前景草を植えるソイルがヒタヒタになるくらいまで注水。

水没まではしないくらいのこれくらい。

 

準備ができたら、、。

いよいよ今回の主役の登場です(*`へ´*)9

テッテレー!ショートヘアーグラス!(*`へ´*)r

 

前も見たね?ε-(´∀`; )

フサフサの雑草感が爽やかなショートヘアーグラスです。以前メイン水槽のリセット時にも購入し、石の脇や絨毯の中にまばらに混ぜ込んで自然観を演出してくれたあの子です。

特にだめになったわけではないのだけど、メイン水槽ではニューラージパールの勢いに飲み込まれてしまっています。狙い通りには育ってくれているのだけど他の水槽に使えるほど纏まっていないので新たに追加しました。

今回ただの絨毯ではなく、ソイルと砂の境界部分の土留になって欲しいわけなので多めに必要だし。

組織培養のみずくさの森なので先ずは根についた寒天を落としていきます。大きな塊はほぐしながら流水で、細かく絡んだ部分は洗面器に水を張って落としていきました。

前景草の寒天取りは気が遠くなる、、、ヽ(´o`;

ヘアーグラスはランナーでつながって居るので結構強引にブチブチちぎりながら小さな束にしていきました。

これぐらいの植えやすい束に纏めます。

ちまちま、、、ちまちま、、、ちまちま、、、ちまちま、、。

 

(*”ー”)・・・。

 

猫様!鬼ごっこしようゼ!ψ(`∇´)ψ

 

そんなこんなで休憩もはさみつつ2カップ分を小さな束に纏めましたε-(´∀`; )

後はこの束をソイルと砂の境界付近にプスッと。

プスプスプスッ!

プススススススススススス!

ふうε-(´∀`; )

これでこの子達が根を張ってくれるとソイルと砂が混ざるのを多少は抑えてくれるはず。

土留のラインに植栽が終わったら、残りの部分はゆっくり絨毯化してくれればいいのでまばらに広範囲に残ったショートヘアーグラスを植えていきました。

大体これくらいの密度。

手前や右のほうが中心で、後ろや左の少しソイルを盛った丘部分は余り植えていません。これはちょっと作戦を考えているのです(*´艸`*)

手前を低く、奥を高くソイルをもると立体感が出て広く見えます。こういう奥行きの無い水槽ならなおさらそうしたいところなのだけど、。ソイルを盛れば盛るほど遊泳スペースが減ってしまうし、奥側は水の流れが悪くなりやすいのでなるべくスッキリさせたい。でも高く見えるようにしたい、、。

ということで用意したのが、、!

じゃじゃーん!コイツだ!ψ(`∇´)ψ

え?一緒じゃん、と思いきや!

ほんのちょっとだけカップの背が高いのだ。

コヤツの名前はショートじゃないヘアーグラス。ショートと付いてない訳なのでショートヘアーグラスよりショートじゃないのだ。

つまり!

同じ見た目だけど背の高いヘアーグラスを後ろに植えればソイルを盛らなくても後ろが高く見えるんじゃないかな作戦!だ!(*`へ´*)9

・・・育ってみないとわからないけど。

この時点では見た目はほぼ同じ。混ざったら区別つきそうもないですね。

水上葉の状態だと特に区別がつかないそうです。水中化するとショートはクルリとカールし始めるので見た目に差が出てくるんだとか。

左奥を中心に残りのスペースにヘアーグラスを植栽。所々ショートの間に混ぜながら、、。

狙い通りに育ってくれると良いんだけど、、。

そんなこんなで植栽完了!(*`へ´*)9

まだこの後バリスネリアを植える予定なのだけど、ああいう長い水草は注水後のほうがやりやすそうなので後回しにします。

 

 

さて、ここで唐突に間違い探し〜!

何が変わったのでしょうか!?(*´艸`*)

 

 

 

 

 

正解は貼り忘れていたバックスクリーンを張った。でしたε-(´∀`; )

壁とほぼ同じなので見た目は変わってないのだけど、一応裏に物を置く予定なので目隠しをしておきました。薄い乳白色なので後ろの壁から光が反射して、最近発売されたADAのライトスクリーンみたいですね(*´艸`*)

現実はDAISOのPPシートをテープで付けただけなんだけどもε-(´∀`; )

近くで見るとテープ跡が目立ちます。見えるところくらい後で綺麗に直そうかな。

あとは注水前に器具類の位置を再確認して、、と。

ヒーターはもう少し上に付けたいのだけど、コードが硬く大きく曲げようとするとフィルターに接触するのでいまいち融通がききません。取説にはこの向きで使うように書いてあったのだけど、逆さまにして左からコードだしたらダメなのかなぁ?

当初の予定とフィルターの位置が変わったので何かと不便です。

ちなみに今回のヒーターはいつものメダカ用23度ヒーターじゃなく、少し温度の高い熱帯魚用26度ヒーターにしました。コレまでと違いお子様たちのお子様さ加減がもっとお子様なので水温高めにしてみます。今居る20cm針子水槽も26度だから下げにくいっていうのも有るんですけど。

それぞれの位置を確認したら、、。

フィルタポンプはまだホースがつながってないので水が逆流したら嫌なので一旦外し、底床が掻き回されないようにその辺にあったビニール袋を敷いて、その上からそっと注水していきました。

とぽぽぽぽぽp,、、。

タプンタプン。

ちなみに比率は種水として別水槽の飼育水を1/3。残りを新しく作ったカルキ抜きした水道水を入れています。小型水槽ばかりなので余り纏まった種水取れないんですよね。

さて、無事濁らずに注水できたものの、、。

気になるのがこれヽ(´o`;

ソイルから出るアクだか油だか何だかの汚れ。これだけいっぱい栄養入ってますよアピールは良いのだけど、これをそのままにしておくとガラス面にベッタリと茶色い跡が付くので困るんです。

そんな時のお掃除グッズ(?)が、

コイツだ!(*`へ´*)9

うん、ただのティッシュペーパー。

多分キッチンペーパーでも出来ると思うけどティッシュのほうが柔らかくてやりやすいはず。トイレットペーパーは水溶性なのでダメ。

これを広げて縁の方から汚れの上に被せていきます。

水を含むと勝手に広がってくれるので広がる瞬間は妙に気持ちがいいです。

広げた所で真ん中を摘んで、、。

スッと引き上げると水面の汚れがゴッソリ取り出せるのです。

勿論ソイルの汚れ以外にも油膜や前景草のトリミング後の散らばった欠片等も集められるので覚えておくと水面掃除が楽になります。

ふふ、珍しくお役立ち情報(*´艸`*)

 

あれ?前も書いたっけ?

本日の対戦結果

てことで!

ッテッテレー!きれいになった!ψ(`∇´)ψ

がーっと一気にやってる風ですが実はこの時既に2日目の深夜。

結構水槽いじってきたけどなかなか手際良くならないものですね。

ということで、始動まではもう少し掛かりそうです。

 

続く!

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です