メダカリウム・低いと思っていたのに?改めてpH測定してみました

こんにちは、ダンナの人です。

水の中というのは得体が知れないわけで、透明であれば汚れていないというわけではなく、目には見えないけど色んな成分が溶け込んでいてバランスを保っています。

アンモニアや亜硝酸などの有害なものは、可能な限り0に近づくように濾過や水換えを頑張れば良いのだけど、解りにくいのが「pH」です。酸性・中性・アルカリ性と中性を基準に低ければ酸性、高ければアルカリ性なわけですが、、何処に調整するべきか。

 

メダカは対応できるpHの幅が広く、弱酸性でも弱アルカリ性でも極端に偏らない限りpHのことは気にしなくても良さそうだけど、どちらかと言うとアルカリ性を好む魚のようです。

このあたり結構曖昧でアクア用品メーカーでも「メダカの好む弱酸性に調整!」とか「メダカに最適な弱アルカリ性の水!」とか真逆の製品も有るのでよく分かりませんε-(´∀`; )

 

水草の方はと言うと、一部の例外は有るものの大半は弱酸性が好みの様子。栄養が溶け出すとどんどん酸化していくからそうなるのかな?

 

となると、我が家の水槽たちで言えば「中性を目指した弱酸性」くらいがちょうどいいのでしょうか。

pHが低い、、でも何か変

我が家で普段行っているpHチェック方法は2種類。

手軽に纏めて色々調べられて便利なテトラの6in1。定番の検査紙です。

もう一つはハチコのおしっこチェッカー!猫雑誌のおまけで付いていた検査紙ですがサクッと調べるのには便利です。

普段この2つでチェックをしているのだけど、、。

こちらが6in1。ちょっと縦にしたらタレてきて見えにくいけど真ん中の黄色いのがpH。検査可能範囲の6.4を下回る黄色さです。

おしっこチェッカーで測ったのがコチラ。

このチェッカーはすぐムラが出て色が安定しないので調べにくいのだけど、大体6.6前後。

 

うーん、低い。

 

メイン水槽の方はまぁ判るんですよ。ソイルの量が結構多いし肥料も入ってる。co2添加もしてるし。お子様水槽の方は水草も少ないし常時エアレーションなのでソコまで下がらないような気がするんだけど、、。

でもなにか不自然。

結構タイプの違う2つの水槽のpHが大抵同じで、おしっこチェッカーの方で見ると時々6.8を示します。曖昧な検査紙だと結果が正確じゃないのは仕方がないにしても、2種類の検査紙の結果に幅がありすぎるのも気になります。

 

気になってネットで色々調べてみると、どうやら6in1のpH検査制度は結構悪いらしいヽ(´o`;

検査方法を変えたほうが良さそうです。

液体試薬でpHチェック

ということでゲットしました。テトラテストpH。またトロピカルなやつ(?)

デジタルな測定器も有るようなのだけど、校正がややこしそうなのと値段の幅がありすぎてドレが良いのかよく解らなかったので、測定しやすく正確と評判の良い液体試薬タイプを試してみることにしました。

内容物はアンモニア検査試薬と似たような感じで、テトラの独特な検査容器と試薬、それに色チェックをする比較表がセットになっていました。

説明書、、、の紙の端っこを揃えずに折る人って、、少しイラッとするε-(´∀`; )

検査の仕方も同じで、付属の容器に検査したい飼育水を5cc。

そこへ試薬を7滴添加。

 

ぽったぽったぽったぽった、、。

 

シャカシャカシャカシャカっとよく混ぜて、、。

結果を待って比較表で数値を測ります。

結果は、、、。

 

(*”ー”)・・・あれ?

 

お子様水槽のpHを測定してみると結果は中性。

メイン水槽を測ってみると、、コチラも中性。

念のためにと水道水を測ってみても中性。

 

あれ?

 

改めて6in1で調べてみるとやっぱり計測不能の6.4以下。おしっこチェッカーは斑色の弱酸性ぽい色ε-(´∀`; )

他の人の同じような実験(+デジタル測定器)を見てみると、6in1は大体0.5程低い結果になっている様子。ということは液体試薬の中性が正しいのかな?

 

数日置いて検査紙直してみると、お子様水槽は変わらず中性。

なのにメイン水槽は7.5という結果になりました。

 

おかしい。

 

ソイルどっさり水草モッサリco2常時添加でpHが上がっている。

エアレーションでもpHは上がるようなのだけど、どちらかと言うと下がりすぎたpHを中性に近づけるような働きの様子。アルカリに傾くのは大抵何かミネラル的なのが溶け出してpHをあげることが多いようです。

龍王石だろうか。。? 白い模様とかカルシウムぽく見えなくもないし。

 

心当たりを色々考えていたのだけど、1つ気になったのは液肥。

ADAのブライティKという定番のカリウム添加薬を使っているのだけど、カリウム液肥には2種類あって、ブライティKとニュートラルKと有るのです。

何が違うんだろうかとニュートラルの方の説明を見てみると、

 

「pHやKHを上昇させません」

 

と書いてあります。

ということは?

ブライティKは上昇させるってことかな?

 

これは怪しい。

暫く液肥をニュートラルに変えて水質変化を見ていきたいと思います。

オマケ

検査結果次第で導入を考えていたSUDOさんのメダカの巾着。

ピートモスに含まれるフミン酸などの栄養素 を添加し、同時に酸化し過ぎないように牡蠣殻も配合して水質を安定させるというもの。ピート+軽石等も定番の水質調整アイテムですが、なんとも可愛らしい巾着に収める辺りが素敵です。

牡蠣殻は酸性に傾くとカルシウムが溶けだしアルカリに寄せてくれるけど、中性より上がると溶けなくなるのでpH調整には便利なアイテムのようです。

pHが低いっぽかったから用意してみたんだけど、、。

導入は少し様子見ですかね。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です