メダカリウムはじめました・生体導入編

こんにちは、ダンナの人です。

メダカリウムの話が続きますが、0からなので兎に角やることが多い!のでシッカリ記録を取っておかないとあとで困りそうなのでもう少し続きます。

水槽はレイアウトも終わり水草たちの様子を見ていたのですが、日にひに弱っていく水草たちを見て水質に問題があるんじゃないかとアレコレ検査をしてみました。結果は想像以上にアンモニアが多いという状態。

バクテリアが定着していないので分解のサイクルが出来上がっていないのが原因です。

こんにちは、ダンナの人です。 初めての水槽立ち上げが終わり、やっと一息つけたメダカリウム計画。でもまだスタートラインに着いただけでココからが本番です。水の中と言うのは本当に得

という事で、今回はバクテリアを増やして分解浄化のサイクルを作っていきたいと思います(*”ー”)ゞ

アクアリウムを始めよう・生体導入編

水質を安定させるにはバクテリアの力を借りる事が重要になってきます。生物たちが出す有毒なアンモニアを分解し、無害なものに変えてもらうのです。

バクテリア自体はもうそこいら中にいっぱいいるわけですが、簡単には水を浄化してくれません。バクテリアといっても微生物ならなんでも良いというわけではなく、アンモニアや亜硝酸を分解して無毒化してくれるバクテリアに住み着いてほしいわけです。

なのでそれらのバクテリアの好む環境を水槽内に作っていかなくては!

バクテリア剤・BIOスコール

テッテレー!バクテリア剤!(*`へ´*)9

イキナリ直接的な対策です。

既にサイクルができてる水槽が他にあればソコから貰うという事もできるのですが、今回は何もかも初めて。バクテリアはそこら中に居るものなのでそのうち水槽内にも移住してくれはするのですが時間がかかります。

そこでこういったバクテリア剤という直接投入する謎液体が存在するんです。

 

あやしいヽ(´o`;

 

バクテリアだって生きてるものだし、カブトエビとかシーモンキー?の卵的に乾燥して乗り切る系生物の粉末ならまだ判るのですがこれは液体です。この中に生きた微生物がたくさんいるってことなんですかね?ヨーグルト?(’m’

お店の人に使い方は教わったのですが、説明書に書いてある使い方はカナリの量を使う様子。ウチの30cmキューブだと1回20ml。100ml入りで20って!お店の人は水換えの時にキャップ半分ほど入れればいいよと言っていたのですが、、。うーん。

最初だけ規定量入れてその後は水換えの時に少しずつ追加する感じにしてみようかな?

 

(*”ー”)つ ぺぺぺっ

 

バクテリア剤は臭いと聞いていたけどこれは特に強い匂いはありませんでした。

「金魚・メダカ用」とあるように、魚に対しても良い働きをする成分も含まれているのだとか。これだと金魚やメダカの健康維持向けのサプリメントと言ったところでしょうか。

これで少しでも水が安定してくれれば良いのだけど。

パイロットフィッシュを導入しよう

さて、水の浄化サイクルを作るにはどうすればいいか。

アレコレ調べていていつも躓いてしまう部分。躓くというか納得しきれないのが、、。

 

パイロットフィッシュ!ヽ(´o`;

 

立ち上げたばかりの水に魚を入れると浄化サイクルが出来ていないので死んでしまいます。

ではそのサイクルを作るにはどうすればいいか?

「魚を入れる」

え?死ぬんでしょ?(’m’

 

魚を入れることで魚の排泄物を餌にするバクテリアが増えて水を浄化していくわけです。その時に入れる魚のことをパイロットフィッシュと言います。先遣部隊にキャンプ地を作ってもらう感じでしょうか。

危険な戦地へと赴くわけなので環境変化に強い強靭な肉体が必要になるのです。ふかふかベッドやウォシュレットがなきゃ嫌!とか言い出す子じゃダメなんです。

そんなパイロットフィッシュにふさわしい強い魚と言えば、、!

 

メダカだ!(*`へ´*)9

 

あれ?

ちょっと落ち着こう。

 

メダカが飼いたい。

そのまま水槽に入れると死んでしまう。

メダカが住める水にするにはどうすればいいか。

メダカを入れる。

え?死ぬんでしょ!?(’m’

 

こうやってグルグル回っていたのだけど、つまりは、。

生き物を入れると排泄物などで水が汚れてしまう、ので少ない浄化量でも生きられる強い魚を少数だけパイロットフィッシュとして入ってもらい、分解バクテリアの繁殖を促進してもらう。少数なら水を汚す量も少ないので、浄化の追いつく範囲の量のパイロットフィッシュを導入すれば、徐々にバクテリアが増えて水が浄化されてきたら本来飼いたかった魚を入れる事ができる。

頭では理解っても水の中の状態は解らなすぎるので怖いですね。

でもこのパイロットたちに頑張ってもらわないと水も出来上がらないのです。

メダカたちがやって来た

という事で!やって来ましたメダカ達!(*´﹃`*)

メダカってお店によって扱いの差がすごかったりするので信用できる所から譲ってもらいたいところです。今回は色々相談に乗ってもらってるということもあるけど、魚の扱いが丁寧そうに感じたペンギンビレッジさんからお迎えしました。

どちらかと言うと海水魚とサンゴがメインのお店なので扱ってる量は少ないのだけど、その分どの子もとても健康そうでした。

メダカは品種改良が盛んなのでどうしても弱めの種が出てきます。パイロットフィッシュなので兎に角強い種の子が欲しいと言ったら、自信満々な顔して「うちのメダカたちはどの子も強いです!」と言い切っていました(*´﹃`*)

流石にアルビノは弱いかもとおもい他の種から各1匹、3種3匹のメダカを選びました。強そうな1種3匹でも良かったのだけど、個体の区別が付くほうが健康状態の観察がしやすそうに思えたので3種類に。

水合わせをしよう

どれだけ元気な子達でも、いきなり違う水槽にドボンしたら死んでしまう可能性が高くなります。温度の差やpHの差でショック症状を起こしてしまうのです。慌てず水に慣らしていきましょう。

まずは温度合わせ。大抵魚を買うと厚手のビニール袋に飼育水と酸素をプシュっといれて膨らませた状態でお迎えします。その袋ごと入れる予定の水槽の中にドボンしてしまいます。

プカプカとそのまま浮かべ、30分から1時間ほど。これで袋の中と水槽内の温度が同じくらいに成ってくれます。

次に水合わせをしていくわけなのですが、メダカは強いのでそれ程神経質にならなくても良いそうです。大抵は袋の飼育水ごと器にあけ、そこに1/3ほど水槽内の水を足します。暫く時間を置いてまた1/3ほど水を足し、、、これを3回ほど繰り返せば完了です。

でも可能な限りメダカに負担を掛けたくなかったので、より慎重な点滴法を試してみることにしました。

水合わせ・点滴法

水槽とバケツの間に細いホースを繋ぎ、少し吸い込んでサイホンの原理でバケツに水を送ります。本当はそれ用のバルブがアレばよかったのだけど無かったので、ホースの途中を縛って水量を調整しました(跡が残る場合があります)

ぽったぽったと1秒に1〜2滴くらいの量に調整します。

後はバケツにメダカごと袋の水を空けて、水槽の水を混ぜていきます。

ぽったぽったぽったぽった。。

最初は3種とも一度バケツに空けて纏めて点滴すればいいかと思ったのだけど、それぞれ飼育されていた水槽が別だったので水合わせも別にやりました。

ぽったぽったぽったぽった。。

ホースが1本しか無かったのでプロホースの排水用ホースを流用ε-(´∀`; )

もう1本は無かったのでスポイトを使って手動でポタポタすることに。

結構大変でしたヽ(´o`;

水槽へお引っ越し

ぽったぽったぽったぽった。。

点滴水合わせを見守ること3時間。十分に水槽内の水が足されたのでお引っ越しです。

計量カップで掬って、、。

そーっと、、。

ぽちゃーん(*´﹃`*)

もう一匹も同じ要領でぽちゃーん!

手動でやっていた3匹目は流石に休み休みだったので、空いたホースで30分ほど点滴を追加しておきました。

30分後、最後の子もドボーン!ψ(`∇´)ψ

テッテレー!メダカ水槽だ!(*´﹃`*)

メダカリウムと言いつつサッパリメダカが来なかった水槽。漸くメダカ水槽になりました。

一気に水槽の中が賑やかになりましたが、今はまだパイロットという危険な任務の最中。水質が安定するまで注意深く様子を観察していかないとです。

バクテリアが増えて循環サイクルが出来ると良いな〜。

本日の対戦結果

思いの外元気なメダカたち。流石ペンギンビレッジの人も自信満々だったわけです。これだけ元気だと弱らせることのないようにとプレッシャーを感じるくらいです。

外掛けフィルターからの水量も流れが早すぎることも無さそうで、ゆっくり休める場所もありそうです。水草が少し減ってるので隠れ場所がもう少し欲しいかな。。

という事でお迎えしたうちの子達!

もも

ほんのりピンクがかった白メダカの「もも♀」

好奇心旺盛で水槽中を探検して回っています。

みかん

ヒレ先を中心にオレンジの入ったオレンジ光メダカの「みかん♀」

ところどころ鱗がキラキラ光ります。ももと比べるとおっとりタイプ。

ライチ

青白く光るみゆきメダカスーパー光の「ライチ♂」

この子もよく見ると鱗がキラキラしています。男の子なのでももとみかんのお尻ばっかり追いかけていますε-(´∀`; )

みゆきメダカは上から見ると特に綺麗ですね。

男女バランスは女の子が多いほうが良いそうです。特に指定したわけではないのですが2:1と丁度良かったですね。

この子達が元気に暮らせるように環境作りを頑張らなくては!

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です