屋内ビオ強化作戦・本格的な冬支度編

こんにちは、ダンナの人です。

陽当りの良い窓辺に設置されたデコポンたちの暮らす屋内ビオトープ。ビオトープと言っても中身はお子様水槽と殆ど同じ設備で人工的に管理された環境ではありますが、見た目的にはビオっぽい器なのでそう呼んでいます。

前回スチロール製の容器に変えて寒さ対策を行いましたが、季節はどんどん移り変わって寒さが厳しくなってきました。

こんにちは、ダンナの人です。 まだまだ残暑厳しい、、というかずっと長雨が続いたこの辺りはやっと夏が来た!感がありますが、湿気が少なくなった分過ごしやすいですね。植物たちもお日

メダカもミナミヌマエビも日本の四季に対応できるので寒い冬でも平気では有るのですが、屋内という半端な環境なのでずっと外で暮らしていた子達に比べると耐性も低いはず。

ということで、屋内なりに少しでも穏やかな環境にしてあげるべく窓辺の環境改善をしていきたいと思います(*”ー”)ゞ

窓からの冷気を抑えよう

一番冷気が入り込む場所といえば窓ガラス。冷たい外気をガラス一枚で遮っているだけなのでココからどんどん冷気が伝わってきます。ココをなんとかしないといけないのだけど、、その前に。

結露吸水テープ

温度差が大きくなるとどうしても発生してしまう結露。特に今年は湿気タップリの部屋に生まれ変わっているので被害が大きそうです。なので先ずは結露吸水テープを張っておくことにしました。

時既に時間切れ感のある窓辺ですがこれ以上被害が大きくならないように窓ガラスの下部分に吸水テープを張ってみました。

綺麗にナナメったε-(´∀`; )

でも大丈夫、オサレは斜めからって言うし。

このテープ、、何処で買ったんだったか、、。ニトリかホームセンターだったと思います。6〜700円くらいした半端なお値段のものなんですが、去年リビングに100均の吸水テープを貼った後、夏に剥がそうとしたらぼろぼろになって後始末が大変だったんです。粘着系で100均ものを使うのは警戒したほうが良さそう。

エアークッションシート

結露対策をしたら次に窓からの冷気を抑えるためにエアークッションシートを貼っていきます。要するにアレ、プチプチですね。

断熱だけならスチロールやプラダンを貼れば効果的なのだけど採光は確保したままにしたい、という時に便利なぷちぷち。空気の層が熱や冷気を遮断して温度変化を穏やかにしてくれます。

普通のガラスにこのシートを貼っちゃうと見栄えがアレなんですが、ココのマドの下半分は元々目隠しの磨りガラスになっているので問題ありません。中からは棚で見えないし。

張り方は簡単で、ガラス面に霧吹きで水をかけて濡らし、エアクッションシートの平らな面をペタッと押し付けるだけ。水が接着剤になって張り付いてくれます。剥がす時もべたつかないので楽ですね。

下半分ペタペタと貼り付けてみました。

これで少しは寒さを防げるはず。

温室に移動してみました

防寒対策はしてみたものの、、。何だかまだ不安です。

大人のメダカは0度付近まで水温が下がっても耐えられるといいますがお子様たちはそこまで強くありません。このビオにはデコポン達以外にも我が家生まれの発育のいい子たちが暮らしています。

普段から日光を浴びてスクスク育った元気な子達。身体は大きくなったとは言え夏生まれで初めての冬です。余り寒いのはかわいそう、、。

とは言えスチロールにヒーター入れたら事故が怖いし。

もっと暖かい場所は、、、。

(*”ー”)・・・。

 

すぐ隣に有ったね。

梅雨時に40度を超えていたトマト用温室の隣にいたのでした。

こんにちは、ダンナの人です。 屋内でのミニトマト水耕栽培に挑戦中の我が家。前回発芽用のスポンジ培地から、根を伸ばしやすいようにとペットボトル容器にお引っ越しをしたミニトマトの

どうですかね?ソッチのほうが暖かそう?

内側に断熱シートを張ってあり、上げ底と前面パネルで覆われたトマトハウス。ここなら床置よりも暖かいはず。

 

で、折角なのでメンテナンス性をあげようと思うわけです。

今はスペースの都合上棚の下に置いているのですが、これだと水面が低すぎてサイフォンが効かないのでプロホースなどで掃除や水換えが出来ないんですよね。口が広いのでカップでザバザバ水換えは出来るのだけど、折角底床に丈夫な焼玉土を使っているのでプロホースでザブザブ濯ぎ洗いをしてあげたいところ。

 

(*”ー”)・・・。

 

可動式の棚で棚板も余っているから少し上に棚板動かせばいいだけなんだけど、、。

棚を再設置したばかりだしビス止めなおしたりしないとだし断熱シートも張り直さないとだし、、。

要するにめんどくさいね!ε-(´∀`; )

 

となると、、

こいつの出番だ!(*`へ´*)9

スチロール製のブロック。

下にこのブロックを敷いて底上げしよう作戦です。

スチロール製とは言えその耐荷重はかなりのもので人が乗っかっても平気なくらい頑丈です。ガラス水槽を置くにはタワミなどが心配だからだめだけど、同じスチロール製の容器なら問題ありません。床からの断熱効果もアップしそうです。

カポっ!

カットして綺麗に縦に並べようと思ってたんだけど案外すっぽり収まったので最小限のカットだけでダイナミックにおいてみました(*´艸`*)

ビニールくらい剥がしてあげたほうが良かったかな、、。

この上に、、。

デデン!(*`へ´*)r

前面の目隠し板と高さも合ってぴったりでした。

この中なら暖かいし、天井にネットも設置してあるから設備も取り付けやすい!

水面も近くなって見やすいし、夜用の照明も照らしやすい。

良いね!

ぱたんと扉を閉めれば、、!更に保温効果アップ!、、、かどうかは微妙?部屋側のが暖かいしね。

本日の対戦結果

ということで寒さ対策を強化した屋内ビオトープ。寒さはどんどん厳しくなっていますが、外気温1桁でも15度前後をキープできているようです。

11月もそろそろ終わりですがメダカもミナミさんもまだ卵を抱えるくらい活発に過ごしている様子。活発すぎても身体に負担がかかると言うし、、どれくらいの環境が良いのかなぁ。

適度な、、、ぬるま湯?

オマケ

(ΦωΦ)ばりばりばりばりばり、、。

温室が突破されるのも時間の問題かもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です