メダカリウムはじめました・準備編その3

こんにちは、ダンナの人です。

徐々に進んできているメダカリウム計画。前回アクアフォレストさんからお迎えした水草たちを洗浄、一時避難場所としてバケツの中で一息ついて貰うところまで準備ができました。

こんにちは、ダンナの人です。 前回メダカ水槽の立ち上げ計画が始動した我が家。漸くアクアショップに買い出しに行って水槽やら照明やら外側の大物をゲット出来ました。 http

植物を迎えた以上、早く水槽をセッティングして植えてあげなくては!

という事で、準備の続きスタートです(*”ー”)ゞ

アクアリウムを始めよう・その3

アクアフォレストさんでは水草以外にも幾つかゲットしてきたものがあるんです。

レイアウト素材ってやつです。

今時のアクアリウムというとネイチャーなアクアリウムが人気だそうで、水槽の中で自然を再現していくそうです。流木や石を配置してジャングルに流れる川のような景色を再現したり。カッコイイですね。

そう言う流行りは割と最近だそうで、たしかに昔ながらの喫茶店や蕎麦屋に行くと入口付近に金魚水槽が置いてあって、ビー玉を敷き詰めた床に謎の灯籠とかおいてありますよね。橋かかってたり。

水槽自体が人工的な空間なので、無理に自然を再現しなくても面白い人工物で飾るのも良いんじゃないかなと思うんだけど、、。メダカさん達からするとどっちが過ごしやすいんだろう。

ともあれ、水草だけじゃ寂しいし、魚の隠れ場所になるような物を何かしら置かないといけません。

お店には流木や石などいろんな素材が置いてありました。

 

しかし!お高い!(’m’

 

びっくりするよ!

小汚い(※個人の感想です)石ころや木の枝が数千円。。意味がわからない。

と、最初は思っていたのだけど、冷静に考えると買う以外の入手方法が無いんですよね。山の方へ行けば採取しても怒られない所があるかもしれないけど、交通費だけで結構な素材が買えてしまいそう。しかも何でも良いわけではないし知識も必要です。

流木ゲットしたとしても消毒やアク抜きに数ヶ月かかったり、石の中にはいろんな成分が入っているので、適当に入れると溶け出して水質がおかしくなって中の生き物が全滅、なんてこともあるのだとか。

知識なく自然物を取り入れるのは怖い。

そんなわけで、幾つかのレイアウト素材を購入してきたのでした。

レイアウト素材がやって来た

テッテレー!流木だ!(*`へ´*)9

アップで撮りすぎてよく見えないですね。

最初は流木って腐ったりカビたりしそうなイメージがあったので、石組のレイアウトにしてみようと思っていたんです。でも処理された流木って思っていたのと全然違っていました。

ホントに木なの?

って思うくらいの重さ、固さ、手触り。小さな欠片でもずっしり重くカッチカチ。

確かにギュッと詰まって重くないと水の中に沈んでくれませんね。

不思議だなぁとアレコレ見ていると、一つ一つがそれぞれ個性があって中々可愛らしんですよ(*´﹃`*) その中で特に気に入ったのが↑の写真の子。足を張るように広がって内側に窪みもあるんです。

小さな魚の隠れ家になりそう!ψ(`∇´)ψ

もう一つ見つけたのがコチラ(*`へ´*)r

角が生えてる!しかもねじれてる!

カッコイイね!

2つとも同じくらいのサイズなので、、組み合わせると、、。

 

ガシャーン!変形合体流木☆ヘラクレスオオカブトモデル!(*`へ´*)9

 

(どやぁ)

 

(*”ー”)・・・奥様が心配そうに見ているので声に出さないように気をつけます。

でもこれ窪みとネジレで内側にちょうどいい空間ができるので喜んでもらえそうなんですよね。こういう狭い所好きな魚には、、、あれ?バックできる子じゃないとこういう所入らないのかな?

くぐって、、、遊べるかも。

石も選んでみました。石もまた種類が多いですね。それぞれに名前もついていて、これは、、、名前、、名前は、忘れましたが!溶岩石とか龍王石とか色んな種類がありました。

砂利が明るいし流木黄色いし、これくらいの色の石が良いかなと色で選びました。

手のひらサイズの石と、一回り小さい小石。同じ種類の石を2つ購入。

ペアっぽくて良いね。

素材の下処理

美味しいメダカリウムを作るためには下ごしらえを丁寧に!(*`へ´*)9

購入してきた流木は既にアク抜き済みとのことだったのだけど、一応殺菌も兼ねて熱湯消毒もしてみることに。

ただ、この熱湯消毒って賛否があるらしいんですよ。

流木達はなかなか日常生活の中で熱湯風呂に入る機会は無いわけで、勿論これからはいるメダカ水槽も夏場でも沸騰するほどの温度にはなりません。ありえないはずの高温に晒すことで、普段溶け出すことのない成分が溶けてしまう可能性があるから、余計なことはしないほうが良い、という意見もあるそうです。

でもシッカリ殺菌したほうが良いと熱湯に漬ける人も多いし、どっちが正解なのか。

しない場合、超長時間水に漬け込むという方法しか見つけられなかったので、今回は熱湯消毒という方法でやってみます。

用意したのはコチラ(*`へ´*)r

あると便利なアイテムメモ・耐熱洗面器。

普通に洗う分には100均等の適当な器で良いのだけど、熱湯消毒する場合は耐熱性の有るものじゃないと割れたりヒビが入ったりするので注意が必要です。80度以上のお湯を使う時は気をつけましょう。

買ってきた流木達を器に入れて、

ふはははははっははははあh!ψ(`∇´)ψ

バッシャーと熱湯をふっかけてやります。

このまま一晩付け込んで、、翌日ゴシゴシ洗っていこうかと思います。

見た感じ、殆どお湯は濁らないので汚れやアクは無さそうかな?見えるものでもないのかな?

本日の対戦結果

一応これで一通りの準備が出来た気がします(設置場所の準備は別でやっていました)

後は水草たちを一晩寝かせたら、、いよいよ水槽の立ち上げです!(*`へ´*)9

そわそわして眠れない。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です