メダカリウムはじめました・メイン水槽リセット作戦その3

こんにちは、ダンナの人です。

何だかタイトルが長くなって来ていて変な所で改行したりしてもやもやするので何か丁度いいシリーズタイトルでも付けてナンバリングしたい今日このごろ。難航するリセット作業はまだまだ続き体力の限界も近づいています。

やってみて解ること。

 

リセットと再立ち上げは別日にした方がいいね!ε-(´∀`; )

 

でも避難中のモモ達を早く戻してあげたいので再立ち上げ作業続行です(*”ー”)ゞ

メイン水槽リセット作戦

前回石組みを仮設置まで出来た状態。思っていたより石が大きすぎて主張が激しすぎるので水草で上手く隠したりしてごまかしたい所。だけど植栽の前にやらないといけないことがあります。

ソイルをドサッと入れすぎたので器具類の設置スペースなどを確認し直さないと!

初めての外部フィルター

テッテレー!買っちゃった(*´艸`*)

今回のリセットに合わせて外部フィルターを買ってみました。

初めての外部フィルター、GEXのメガパワー2045です。

ろ過フィルターには色んな種類のものがありますが、特に水草水槽には外部フィルターが相性がいいと言われています。

構造的にはポンプやサイフォンで水を吸い上げて濾過槽に送り、パイプを通ってまた水槽に戻すという、一見外掛けフィルターと大差ないようなものですが、一番の特徴は「外気に触れない構造」という所。

そのおかげで他のフィルターより水中のco2が抜けにくくなっています。

欠点は、、濾過槽に水を送り更に水槽に戻さないといけないので結構なパワーが必要になってくる所。狭い小型水槽にパワーの有るフィルターを付けると洗濯機になってしまいます。

 

小型水槽に設置できる外部フィルターは限られているのですが、コスパが良くて使いやすそうなGEXのものにしてみました。最後まで悩んでいたのはEHEIMのアクアコンパクト2005と言うもの。

性能的にはアクアコンパクトのほうが良さげなのですが、メガパワーの方が設置の融通がききそうだったのと、吐水口の選択肢が複数有ったのでメガパワーにすることに。

 

しかし、、この子には重大な欠点があるんです。

本体はスッキリコンパクトなのに、、。

ポンプが大きい!(’□’

大きい!!(’□’

大きすぎる!(’□’

 

(*”ー”)・・・。

 

大きすぎる!

ちなみに商品名にある2045は20cm〜45cm水槽に対応しますという意味(6090なら60cm〜90cm水槽用)

20cm水槽にこのポンプ、、、入るんですかね?ε-(´∀`; )

これは、、石の後ろだし少しソイルを減らしたほうが良さそうですね。

減らしすぎると水草植えにくいしコレくらいかなぁ?

ついでなのでポンプ以外も仮置きしてみます。

まずはコレ。ポンプに取り付ける給水パイプです。

頭についたツマミ(?)で流量の調整ができるようです。

 

このパイプをポンプに、、、

 

長すぎる!(’□’

長いよヽ(´o`;

水槽の高さやポンプの位置に合わせてパイプをカットして使うようです。結構頑丈なパイプだからカットするの大変ですね。このあたり、ポンプとの接続パイプは固定で吸水ストレーナーの位置で調整するタイプの方が楽そうです。

あ、一応切りすぎて「短すぎる!(’□’」もやっておきました。

 

濾過槽との接続は付属のホースを差し込んで、、。

これ、なんて呼ぶんだろう。ネジ的なやつ。くるくるっと回して締め込めばがっちり固定されます。ホースも硬すぎずスムーズに脱着できました。

吐水側も構造は似たようなもので、ホースをねじ込んで好きな吐水パーツを取り付けます。メガパワー2045はシャワータイプと拡散タイプの2種類の吐水パーツが付属しています。

シャワータイプを取り付けてみると、、

長過ぎる!(’□’

シャワーパイプ長すぎ!

これも水槽サイズに合わせてカットして使うようです。

今回はもう一つ付属していた拡散タイプの吐水パーツを使うことにしました。シャワーパイプだと水流が強すぎるんですよね。口の広いコチラのタイプの方が緩やかな水流を作ってくれそうです。

流量調整が出来るから広範囲に水を送れるシャワーの方が緩やかにできそうな気もしますが、外部フィルターの流量は出来るだけ落とさないほうが良いのだそうです。理由はメリットでも有った外気に触れない構造のため。密閉された濾過槽で低すぎる流量だと濾過槽内の酸素が足りなくることがあるのだとか。

でも硝化バクテリアは速い水流が苦手だとも言うし、適度な流れとはどれくらいのものなのか、、。難しい。

 

まぁ流量周りはゆっくり調整していくとしてひとまず仮設置は完了。

しかし、、。

吐水パーツの固定がものすごく微妙ヽ(´o`;

ポンプはポンプ本体の2つのキスゴムで固定できるから割りとガッチリしてるけど、拡散タイプの吐水パーツだと1つのクリップ付きキスゴムでの固定だけでホース側の固定手段がないのでグラグラと斜めって気持ちが悪いです。

フィルターの設置位置が決まったらホースを纏めて固定する方法考えないとですね。

水草を植えよう

さて、ポンプの設置場所も確認できたので水草を植えていきます。

用意したのはニューラージパールグラス。事前にストック水槽で育てていたやつです。

こんにちは、ダンナの人です。 メイン水槽のリセットに備えて、植える水草たちを事前に育成しておこうという水草ストック計画!(*`へ´*)9 植栽も終わって水槽が稼働し始めました

本当はソイルごとタイルのようにゴッソリと移植したかったのですが、少しコケが付いて汚れてしまったのでシッカリ洗って根の長さも調整してから植え直すことに。予定と違ってしまったけど量も増えたし水中葉化も出来たしカップから植えるよりは時間短縮になったかなぁ?

他にもロターラsp.Hra。

ロトンディフォリアやナンセアン。ハイグロフィラなどなど。

それぞれ下処理をしつつ、メイン水槽のリセット時に状態の良かった水草たちを幾つか準備しました。Hra欲張りすぎた、、。

軽く注水

ソイルを入れただけだと水草を植えにくいので軽く水を入れていきます。舞いにくいように表面をシッカリ濡らして、、。

適当な袋をシートにして、。

そっと注水。

今回飼育水は使わずカルキ抜きした水道水を使うことにしました。お子様水槽の水はカナリ安定してはいるのだけど、シッカリ0から作り直してみることに。

前景草を植える部分がヒタヒタになるくらいまで注水。

高低差があるとどれくらい入れればいいかピンとこないですね。

前景草のニューラージパールグラスを適当な束にして、、。

ずぽっ!(*`へ´*)〆

ずぽぽぽぽぽぽぽぽぽっp!

 

(*”ー”)・・・。

 

写真で見ると結構疲れが溜まってきてる様子。随分ザッツイですね。

これ、石が見えていない部分も結構大きくて、奥まで差し込もうとしても当たって上手く入らなかったんですよね。イキナリ暗雲が、、。

一応メインの前景草はニューラージパールグラスでの絨毯を作ることなのだけど、石組なら石の脇にアクセントとして少し他のを足すと良いよとアドバイスを貰ったのでショートヘアーグラスを追加することに。

コレだけで絨毯を作ってもきれいな前景草なのだけど他の前景草と混ぜても「雑草感」がでて楽しいそうです。

状態は、、、その、、、正直あまり良くなかったです。

日がたっていたらしく、カップの中でモリモリと育ちすぎてランナーを伸ばし続け、、でもスペースが無いので枯れてしまった様子。カップから取り出すと寒天が残っていませんでしたヽ(´o`;

そ、、、それだけ生命力の強い水草ってことだね!ε-(´∀`; )

前の方から順に植えていき、徐々に水を足しながら中央の奥の方まで植栽していきました。

ざっくり植え終わった所。

うーん、石の間はある程度仕方がないとしても右のほうが雑すぎたかなぁ。

でもこれで調整しようと押し込んだら他が抜けてくるというジレンマ!しかもソイルが掻き回されて折角のパウダー化粧が沈み込んでしまう。

 

ピコーン!(’ー’

 

そんな時には!追いソイル!ψ(`∇´)ψ

上からソイルをふりかけて埋めてしまえばいいよ!

 

サラサラサラサラ、、、ザバッ!!

 

・・・入れすぎた(’m’

 

ピコーン!(’ー’

 

そうだ!良いこと考えた!

 

 

寝よう。

本日の対戦結果

やっぱり難しい前景草の植栽。唯でさえ難しいのにリセットでヘトヘトな時にやるものじゃないですね。一度落ち着いてから調整しましょう。

でも、残りの水草たちも早く植えてあげないと弱ってしまうし、、。

 

早く!ゆっくり急ぐんだ!

 

続く!

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です