メダカリウムはじめました・メイン水槽リセット作戦その2

こんにちは、ダンナの人です。

初めてのアクアリウムということもあって、生体にも水草にも中途半端になってしまっていたメイン水槽。時間がかかりましたがリセットの準備を進め、なんとか空っぽにして掃除する所までこぎつけました。

こんにちは、ダンナの人です。 順調に育ってきた水草ストック水槽の子達。でもフィルターの不調もあってコケが出始めてしまいました。長期維持や生体導入を考えていなかったので

今はお子様水槽も立ち上がって安定していて、そちらが生体メインの水槽になっているので、リセットするメイン水槽は水草の育成を優先したものにしたいなと思っています。

丁度いつもお世話になっているアクアショップでリセット・レイアウト変更のキャンペーンをしていたということも有って、今後の水槽設計の相談に乗ってもらってきました。

植える水草はこの子達(*”ー”)r

前景にニューラージパールグラスを敷き詰め、奥にロタラ系有茎草をモサッと植えたいのです。そういった組み合わせの場合、絨毯系には石組が合うよと勧められたので石ころをいくつか買って来ましたψ(`∇´)ψ

テッテレー!龍王石!(*`へ´*)9

ADAの石ころは名前が中二ぽくていいですね。竜王とか黄虎とか。

青みかかった暗めの色にところどころ白いラインが入っているのが中々カッコイイです。

いくつか買い足してきたけど気に入ったものが少なかったのと、この石ころ結構お高いということも有って、お子様水槽の石をもらうことにしましたε-(´∀`; )

こっちも龍王石なのです。

素材が倍に増えた!

念のためにシッカリ洗って熱湯消毒もしておきました。

 

石組みにするとメイン水槽に使っていたお気に入りの角流木が使えなくなるので、勿体無いしコレをお子様水槽の石と交換することに。

水から出すと判りにくいですが、この流木には少し黒ひげが付いています。移動させるにはコレを何とかしないと。

ジャーン!木酢液だ!

土壌改良やコケ退治、臭い取りまで色んな用途に使える木酢液。それをそのままスプレーできるように薄めたそのままの名前のそのままスプレー!(*`へ´*)r

一見使えそうでいて一体どんな濃度の木酢液なのかサッパリ記述がなくそのままスプレーしたら大惨事になったあの子です、、。せっかくなので使ってあげよう。

こんにちは、ダンナの人です。 ダンナはパスタが大好きです。特に好きなソースはジェノベーゼとペペロンチーノ(甘口)。バジルとかジェノベーゼとかなんだか響きがカッコイイですね。初

プッシュー、、、!、、、臭い!

、、、臭い!

この強い酸性の力でヒゲゴケを枯らしてしまうのです。

木酢液で枯らして、硬めのブラシでゴシゴシこそげ落として、、今度は木酢液も熱湯消毒と浸け置き、流水洗いで落としていきます。

シッカリ落ちたら、、。

お子様水槽にお引っ越しです。

モスがもっと伸びたらこの流木にも巻きつけようかな。人工水草も本物に変えたりしたいし、、メイン水槽のリセットが落ち着いたらこっちのレイアウトも考えないとですね。

メイン水槽のレイアウト

さて、素材類の準備ができたのでレイアウトをしていきます。

底上げ用の軽石の準備

まず用意したのはコレ(*`へ´*)r

園芸用の軽石です。

奥に高さを出したいのでソイルを多めに盛るわけですが、余り厚く敷きすぎると通水性が悪くなってしまうので、底上げに多孔質でバクテリアも住みやすく、ある程度の大きさで通水性もある軽石を用意しました。

事前に洗浄後、熱湯処理して数日窓辺で乾かしておきました。

そのまま敷いても良いのだけど、これまで麦飯石や砂利などを埋めた時、掃除や植栽ので床を触ったら掘り起こされて埋め戻しにくかったので、洗濯ネットに入れて埋めることにしました。

荒目の洗濯ネットを適当なサイズに切り、その中に軽石を詰め込んでいきます。

端は折るだけでもいいかもだけど、一応結束バンドで止めておきました。

ドサッ!

水槽奥側の底に仕込んでおきます。

底床の準備

今回底床に使うのは水草育成用にソイル。

GEXの水草一番サンドです。

名前通り水草向けのソイルで、メイン水槽のリセット用に準備した水草ストック水槽でも使ってみて、とても調子が良かったのでメイン水槽でも利用してみます。

ドサドサドサ〜(*`へ´*)rr

肥料の代わりでもあるので結構たっぷりめに。

適当なヘラとかスクレイパーで均していきます。仕込んだ軽石のネットが水槽の外側から見えないように隅っこにソイルを押し込むようにして隠しました。

綺麗に敷けた!(*`へ´*)9

、、、今別にそんなに綺麗にする必要ないけど。

石組みレイアウト

で、用意した石たちを組んでいきます。

 

どすっどすっどすっどすん!(*`へ´*)ノノo

 

(*”ー”)・・・。

 

石大きすぎたー!(’□’

 

お店で見ると手頃な大きさに感じたのに流石に小型水槽に放り込むと大きすぎました。

予定より石の主張が強すぎですが貧乏性なので余らせるのも勿体無いし使うことに。色々微調整をしながら組んでいき、ソイルを追加して高さを調整したりしていきました。

裏側の見えないところは余っていた黄虎石で石組みの支えと土留を仕込んでおきました。こうしておかないと掃除の時に崩れてきたり、高さを付けた部分のソイルが流れてしまったりするようです。

ざっくりレイアウトが決まったら化粧用のソイルの準備です。

プラチナソイルのスーパーパウダーを用意してみました。

水草一番サンドはそのままだと少し粒が大きすぎます。

ので、粒の小さいパウダータイプのソイルを上に敷いて表面を綺麗にしようという作戦です。これは化粧代わりでもあるのだけど、ニューラージパールグラスなどの小さい前景草を植えるのに、小さいぶつのほうが植え込みやすいと言うのも有ります。

このプラチナソイルは割と定番の吸着系ソイル。栄養系ソイルのパウダータイプってADAのアマゾニアパウダーくらいしか見当たらないんですよね。水草一番サンドのパウダータイプが有れば一番良かったのだけど、以前は有ったみたいなんですが今は作って無さそうです。、、

サラサラサラサラ〜ヾ(*´﹃`*)

細かい!何故か気持ちいい!

特に前景部分を中心に、水草一番の上を覆うようにプラチナソイルを敷いていきました。

石の隙間とか細かい部分は刷毛で、、。

 

(*”ー”)・・・。

 

YouTubeで海外のアクアリストの人の動画があって、英国紳士風の髭のオジサンが刷毛をつまみならがサッサッサと均しているのがかっこよかったのでマネッコしてみたけど刷毛が大きすぎて物凄くやりにくかったですヽ(´o`;

ぐう、、CHRが足りないのか!

 

まぁそんなこんなで、

テッテレー!ざっくり出来た!

石と石の間に隙間を空けてみたので、この間から短めの水草が顔を出してると可愛いかもしれない。

傾斜というより段差を付けたかったから埋め込んだはずだった土留石もソイル入れすぎて埋まってしまいましたε-(´∀`; ) このあたり、入れすぎたソイル達を取り出したりして調整していかなくては。

 

続く!

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です