メダカリウムはじめました・準備編その2

こんにちは、ダンナの人です。

前回メダカ水槽の立ち上げ計画が始動した我が家。漸くアクアショップに買い出しに行って水槽やら照明やら外側の大物をゲット出来ました。

こんにちは、ダンナの人です。 奥様「なにか新しいことを始めましょう」 新しいもの好きな奥様はたまにこんなことを言い出します。でも自分でやるのは面倒らしく

 

奥様「セットしないの?」

「え?まだ水槽に入れられるの砂利しか無いけど。。」

 

(*”ー”)・・・。

 

砂利の飼育方法は、、、と。

アクアリウムを始めよう・その2

砂利の飼育はまたの機会にするとして、アクアリウムを始めるのに必要なものがまだまだたくさんあります。植物の水耕栽培で使っている道具の中には共通で使えそうなものもあるけど、日頃のメンテ道具などアクア向けの用品も揃えないと。

という事で、またまた買い出しに出発です!(*”ー”)ゞ

買い出しに行ってみました・その2

アクアショップの下見も兼ねて前回とは違うお店に行ってみることに。やって来たのは新宿にある「アクアフォレスト」さん。ココは結構有名なお店らしく、特に水草関連が強いのだとか。

場所は新宿駅地下だけど、ホームからは結構歩くしバスだと反対側に着いちゃうしでウチから少し移動が不便かなぁ?新宿駅わかりにくいヽ(´o`;

ドキドキしながら中を覗いてみると、、!

たしかに凄い!(’m’

奥にずらり並んだ水槽(写真右)全部水草だらけ。写真でも見たこと無いような不思議できれいな水草がイッパイありました。水草だけでなく用品も揃っていて大抵のものはてにはいりそうです。

欲しいのは細かい用具類と、出来れば水槽の中身(メダカ以外)と考えていたのだけど、これだけの品揃えがアレば一式揃えられそう(*´﹃`*)

見てるだけで一日過ごせそうな楽しい場所ですが、それはそれで迷惑なので必要なものをジックリ選んでいきたいと思います。

 

昼食を挟んでの贅沢な買い物時間。

欲しかったのものは大体揃えられたので名残惜しいけど大急ぎで帰路についたのでした。帰宅後、色々ゲット出来たので並べてニヤニヤしたい所ですが、急いで帰ってきたのには訳があって、

テッテレー!水草ゲットだ!(*`へ´*)9

水草もゲットしたからなのです。

通販も出来るくらい長旅に耐えれるようだけど、出来れば早めに落ち着かせてあげたい所。水槽自体の準備も進めないとだから急がなくては!

水草の育て方

水草の栽培と陸上植物の水耕栽培では似たところも多いイメージでしたが、なかなかそうもいかないようです。なにせ水そのものが生息域になるわけですから。水の中は得体が知れないと言うのに。

葉で光合成をして根で水と養分を取り込む仕組みは似てても、中には根がない子まで居るし、葉から養分吸っちゃったりもします。似ているようで謎生物。

特に厄介なのが二酸化炭素CO2。二酸化炭素なんてそこら中にたくさんあるわけだけど、水草が取り込むには水の中に溶け込んでいないといけないわけです。水に簡単に溶け込む成分とは言え、多くのCO2を必要とする水草も居たりするので足りない場合は人工的に添加してあげる必要があったり。

でもCO2が多いと今度は魚達が酸欠になったりもするわけで、、、

なに?どうすればいいの?ヽ(´o`;

 

なので水草の栽培難易度はとても幅が広そうです。

勿論初心者にも育てやすい、低光量低栄養でCO2もあまり必要としない子達もいます。

問題は、、、

 

どの子?ヽ(´o`;

 

って所。

幸いアクアフォレストさんでは水草それぞれに必要な光量やCO2の情報も書いていてくれたので参考に出来ました。また、水草水槽の一角に「初心者向けコーナー」が用意されていたのです。これは嬉しい。

中には30cmキューブ用セット、なんていう今のダンナに丁度いいセットがあったのだけど、内容を見てみると随分数が多かったんです。状態を見るにも環境を整えるのにも、あまり最初から大量に植えてしまうのは良くないかな、、と思い「この水槽から好きなのをx種選んでいくら」というタイプのセットを買うことにしました(*”ー”)ゞ

水草がやって来た

というわけで、我が家にやってきた水草たちがコチラ(*`へ´*)r

早速中を確認をしつつ、窮屈な袋から落ち着ける水の中へ引っ越しする準備をしていきます。

購入した水草はこんな感じの袋の中に空気と一緒に入れられていました。

中にはタップリ水を含んだキッチンペーパーのようなものに包まれた水草が。

(以下、購入した水草たちはキチンと名前をメモしていなかったので正確じゃないかも知れませんヽ(´o`;)

スクリューバリスネリア

ポンプなどを隠す背の高い子がほしかったので選んだ水草。「スクリュー・バリスネリア」、ドリルのようにねじれたニラみたいな子。うずまきニラと呼ぶことにします。

このねじれが結構強くてパリッとしています。不思議。まっすぐ生きろよ〜?

ハイグロフィラ・ポリスペルマ?

次がこの子。「ハイグロフィラ」たぶんポリスペルマ。中くらいの背丈でシンプルで解りやすい陸上植物みたいな見た目の水草です。お店ではきれいに見えたのだけど、、ちょっと葉がしわくちゃ傷だらけですね。大丈夫かなぁ。

アヌビアス・ナナ

コチラは小さく可愛らしい「アヌビアス・ナナ」ナナって名前まで可愛い。石とか木に括り付けるとそこに根を張ってしがみつくそうです。ちょっとクシャクシャしててどう伸びてるのか解らないですね(’m’ ちょっとワサビみたい。

石付きウィローモス

石にくっついた「ウィローモス」ナナちゃんと同じように何かに括り付けて育てるのだとか。自分で巻いても良かったのだけど、難しそうだしどうしようかなと思っていたら、既に巻きつけた状態のものがあったのでコチラをチョイス。

1つは綺麗だけど、、、もう一つはちょっと変色してるぽい?

アマゾンフロッグビット

ひとりだけ別梱包されていた「アマゾンフロッグビット」ピット?メダカによく合うプカプカ浮く浮草です。名前からしてカエルが水の上で休憩するアレかな?

結構根が長いね。

ゲットしてきた水草たちです(*´﹃`*)

この5種類の水草をゲットしてきました。これで2100円かな?水草ってものすごい高いのがイッパイ有ったので値段の感覚がおかしくなりますね。

梱包を解いて流水で洗ったので広い所に移してあげたいところだけど、、

水草そのまえに

その前に!

買ってきた水草をそのままドボンするのは良くないそうです。販売用(特に輸入)の水草は栽培環境があまり良くないものが多いらしく、農薬やらなんやらが残っている場合があるそうです。

また、他の生き物が混じっていたり、卵が産み付けられたりすることも。。

例えばこれ。小さくて判りにくいけど、どうやら巻き貝ぽいですね。モスの中に隠れていました。1mmくらいの中々可愛らしい巻き貝なのだけど、こうやって紛れ込んでくる生物が後で困ったことになるとよく聞くので取り除かないとです。

そういう時に使うのがこれ(*`へ´*)r

「水草その前に・・・」

解りやすい名前(*´﹃`*)

使い方は簡単。この一袋だと2リットルの水を洗面器に用意して、

水草その前にをサラサラさらっと入れてよく混ぜます。

そこに水草たちを10分ほど浸かってもらいます。

何かしらの薬品浴なのだろうから規定時間より長く漬けないほうが良さそうですよね。

10分寝かせたものがコチラ(*`へ´*)r

その前に浴後の水草たち。前なの?後なの?

ほんのり緑ぽく白っぽく濁ってますね。良くないものは溶け出てくれたかな?アクアフォレストさんのはちゃんとした水槽にいたから農薬とかは大丈夫な気がするけど。

良くないものが落とせたら、バケツに水を張って、、

これの出番(*`へ´*)9

「エーハイム4in1」というカルキ抜き+色んないい効果付き水質調整剤です。

これを規定量水に混ぜて、、。

ドボーン!ψ(`∇´)ψ

漸く落ち着けそうな水の中に入ることが出来ました。

おつかれ!

薬浴しない場合はカルキ抜きしたみずの中に2、3日漬けておくと良いと見たのだけど、漬けた場合はどれくらい置くのが良いのか。。うーん、浮草や沈む石付きモス以外はあまり良くない環境な気がするし、1日置くくらいで早めに水槽に入れてあげた方が良いのかな?

本日の対戦結果

というわけで水草もやって来て着々とメダカリウム計画が進んでいる我が家。

暑い夏も涼し気な水槽がアレば乗り切れる気がします。

早くメダカたち来ないかな〜(*´﹃`*)

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です