30キューブレイアウト水槽観察記録#5・続ロタラ復活作戦

こんにちは、ダンナの人です。

経過レポートが遅れ気味な30キューブの石組みレイアウト水槽ですが、一応ダンナの中ではメイン水槽なのでずっと弄り続けています。でも今ひとつ調子が上がらないというか問題点が改善できないでいるのです。

ということで前回も行った不調のロタラ復活作戦を中心に経過報告です(*”ー”)ゞ

メイン水槽観察記録

こんにちは、ダンナの人です。 オカシナテンションでヘンテコな予告までしていたことすらすっかり忘れていたメイン水槽30キューブの観察記録です。何の話をしようとしてたんだっけ、、

不調のロタラを何とか復活させようとアレコレやってみた作戦の後。

メイン水槽は混沌に包まれていましたヽ(´o`;

いや、凄いね。水草って凄いね。

元気なのは良いのだけど周囲をすべて飲み込む勢いで分厚く成長したニューラージパールグラスの絨毯。意外と下の方の葉が傷んだりしないのだけど、汚れが溜まりやすくなるし稚エビの隠れ家に成りすぎてカキアゲ達の増殖が止まりません。

肝心のロタラたちももう何処でどんな状態になっているのか観察も難しい状態。

横から先の方だけ見ると状態は良さげに見えるのですが、パールグラスの勢いに押されて衰退気味なうえに相変わらず下葉の調子はすぐに悪くなってしまいます。

 

これは、、もっと根本的な解決をしないといけない。。

そう思っていた2018年のお正月。

事件はおきた。

 

ババーン!(’m’

無残にも切り刻まれた水草たちの欠片が水面を覆い、、

水槽の中には凸凹の水草たちの姿が!

 

年明け早々風邪をこじらせ、熱にうなされて朦朧とした意識の中で唐突にトリミングしたい病を併発した何者かに襲われたのです。

何となく手の届きやすい場所は刈り込んでみたけど混み合ってるところはめんどくさいから見ないふりをしたかのような荒らされかた。ひどい。

ロタラたちも何故か水面近くで先っぽだけ刈られていたり、かと思えば隣の茎は根元付近で切られたり。そして手前のパールグラスはもっと高い位置で切り揃えられたりと謎な状態。

 

せっかく回復してきていたのと言うのに、。

 

(*”ー”)・・・。

 

まぁ過ぎてしまったことは仕方がないので見なかったことにして風邪の治療に専念して寝こけていたダンナ。思いの外長引いてしまって数週間、最低限のメンテだけで済ませることになったのです。

が、水草たちって案外手を加えすぎないほうが調子が上がったりするもので、。

再び水槽内はカオス勢に支配されたのです。

流石にマズイのがパールグラス。横から見るとこの密度です。

成長が早いのでこまめなトリミングを行っていたのだけど、硬度の高さも有って切った端から脇芽を増やしどんどん密度をあげていくのです。

密度の上がったパールグラスはとてもきれいなものなのだけど、上がりすぎると絡まり合いすぎてスポンジの様な塊になってしまうのです。

まるでポフンポフンの具志堅用高。

チャンピオンのアフロに飲み込まれたら脱出は困難です。

 

これらを踏まえてロタラの調子を上げる次の手をうつことにしました(*”ー”)ゞ

ロタラ復活作戦その2

ゴッソリ(’m’

先ずは密度の上がりすぎたパールグラスをゴッソリトリミング。

伸びた部分を切る、と言うよりは密度の上がりすぎた脇芽の下からバッサリ切って量を減らす感じに。差し戻しなどで余分に植えて範囲が広がっていた部分も引っこ抜いてパールグラスの領域を塊にして調整しました。

右奥のロタラエリアもバッサリトリミング。漸くロタラの観察ができます。

さすがのたくましさで新芽を展開しているものの、やっぱり根元付近の葉は落ちてしまいヒョロヒョロの茎だけ状態。ここでまた根元付近でトリミングすれば、また同じような新芽できれいな状態を作れるかもしれない、、のだけど、その後はまた同じ下葉からの不調が続くだけな気がします。

下葉はボロボロでも先の方は元気なロタラ、、、となると、、。

すばばばばばば!(*`へ´*)〆

ふははははは!元気なロタラを頂いてやったぜ!ψ(`∇´)ψ

 

(*”ー”)・・・。

 

なんか居たε-(´∀`; )

とりあえずお引き取り願いつつトリミングしたロタラの綺麗なところを選別していきます。

状態の良い部分を集めたら、長さに合わせて分けて下処理していきます。

こんな感じ(*`へ´*)r

下処理が終わったらソイルを入れた小型の苗ポットを用意して、。

小さな鉢植えを作っていきます。

これをロタラと相性のいい弱酸性の水槽に、、。

ドボーン!

ここで暫く養生してエネルギーを蓄えておいてもらいます。

 

次に水槽側の環境改善作戦です。

一度にやると汚れが舞ったり環境が変わりすぎて生体にダメージが有るといけないので数週間に分けて行いました。

逞しいロタラは少し日をおいただけで新芽をモリモリ増やしています。、、、それ以上の勢いでパールグラスも復活していってるけどε-(´∀`; )

この一角に植えてあるロタラとパールグラスを、、。

引っこ抜いてやるのさぁ!ψ(`∇´)ψ

場所柄フィルター付近で汚れが集まりやすいので抜く時にはプロホースを側において水と汚れを吸い出しながら行いました。

スッキリ。

少し見えにくいけどこのロタラエリアはソコソコ深く埋め込んだ龍王石と鉢底ネットで囲ってあります。なので周りの植物の根っこが入り込みにくくなっています。そうしてエリア分けして育てやすくする予定だったのですが、、。余ったパールグラスを同じエリアにも植え込んでしまったのが失敗でした。お陰で調子のいいパールグラスが栄養を根こそぎ持っていくことに。

この失敗を踏まえてエリアからすべてのパールグラスを撤去。ここにはロタラだけ植えることにしてみます。

 

それからまた時間を置いて、。

次のステップとして古いソイルを入れ替えることに。プロホースで吸い込んでは吐き出し、を繰り返して少しずつ古いソイルを抜いていきます。

全部抜いたら周囲の石やソイルが崩れてしまいそうだったので2/3くらい。

ゴッソリこのエリアのソイルを吸い出すことが出来ました。

抜き終わったら漏斗とプロホースのパイプ部分を繋げて、、。

新しいソイルを投入していきます。

使用したソイルは栄養たっぷりなADAのアマゾニア。これで水質と栄養不足とどっちに問題が有るかわかりやすくなるはず。

整えたら土壌改良完了!(*`へ´*)ゞ

栄養不足なだけなら追肥で対処できるのだけど、ソイルの吸着能力やpH緩衝効果も時間が経つと弱くなってくるので、ソイルの入れ替え練習も出来て丁度良かったかも。

 

さて、最終ステップ。

療養中だったロタラたちを戻していきます。

時間をかけたおかげで小さなポットの中でもこんなに根っこを伸ばすくらい成長していました。

ポットから取り出したところ。流石逞しい。

そう、ロタラ自体はこんなに強い水草なんですよね。これを状態の良いママ育てるのが、、難しいなぁ。

せっかく伸びてくれた根っこはそのままに、ソイルを入れ替えた場所に植えていきます。根っこが長いままだと植えにくいのだけど、ソイルを結構盛って深くしてあるので何とかなるかな?

プスプスぷす!

選別して数が減ったし、パールグラスを撤去してスペースが広くなったということもあり、植栽は1本1本間隔を空けてゆったり植えてみました。これで水の通りも栄養の取り合いも光のあたり具合も前より良くなったはず。

その分密度がガッツリ下がって寂しくなったけど仕方がないね。

ロタラの丘目指して再スタートだ!(*`へ´*)9

本日の対戦結果

こうして新しい場所を作ってもらったロタラ達。元気に育ってくれると言いのだけど、、。硬度やpHに問題を抱える水槽なのでこれだけでは解決しない気がします。

でもこの環境、ロタラとは相性悪いけどメダカやパールグラスには良いようで調子を崩すこともなく、、。となるとロタラを別環境に移してあげるのが一番の解決なのかなぁとも思ったり(療養中はは成長が早かったし)

悩ましいね。

 

続く!

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です