30キューブレイアウト水槽観察記録#4・ロタラ復活作戦!

こんにちは、ダンナの人です。

オカシナテンションでヘンテコな予告までしていたことすらすっかり忘れていたメイン水槽30キューブの観察記録です。何の話をしようとしてたんだっけ、、コケかなぁ?

ということでメイン水槽。

相変わらず断片的なトリミングをしているので全体のバランスが全然取れていませんが、まだ密度を上げてる段階なので部分的に切っては差し戻しを繰り返しています。

 

この中で結構困っているのがパールグラス。

前景にも使える小振りな有茎草ですが、この小型水槽では中景どころか後景でしょ?ってくらい高く育っています。

そして、、その成長速度がすごすぎる(’n’

2週間も放っておけばもうモッサモサに育ち、さらに匍匐まではいかないけどより光を受けようと他の水草のエリアへ侵食していくので手におえません。

特にその影響を受けているのがこの右奥のロタラ達。

龍王石メインのレイアウトのせいか、硬度pHともに高くなり気味なこの水槽。ロタラ系の調子が余り上がりません。そんな状態で隣のエリアのパールグラス(高硬度phが好きな水草)の調子が良すぎて追いやられています。

ロタラもカナリ成長の早い水草なので伸びてきた新芽はとてもきれいなのだけど、根元付近から徐々に弱ってきてクスミが目立ちます。

右寄りの薄いオレンジ色のロタラはロタラの中でも赤みの強いspHraなのだけど、色も随分落ちています。カメラのホワイトバランスの都合でもなく新芽以外はどんどんくすんでいってるんです。

鉄分補給はしてるんだけどなぁ。

ロタラ復活作戦!

症状的に栄養不足の可能性が高かったので前回底床へ追肥をしたわけですが、その後アクアショップペンギンビレッジの人に相談してみたところ「だめになった葉は回復しないから、一度全部抜いて状態のいいところだけ差し戻したほうが良い」とのアドバイスを受けました。

ナルホドナー。

しかし、丁度この時追肥と密度を上げるための差し戻しをしたばかりだったので底床を触るのは避けたいところ。いじってしまうと唯でさえ即効性で溶けやすいテトラクリプトが水に溶け出し過ぎて生体にダメージを与えてしまいそうだったのです。

抜かずに、、若い芽に託すとしたら、、、

 

ダイナミックなトリミングか!(’o’

 

ということでまずはモサリすぎて奥のロタラが見えなかったので手前のパールグラスをバッサリトリミング。毎回派手にトリミングしているのだけど何度でも、、更に密度を上げて復活してくるパールグラス、、恐ろしい子!

奥のロタラが見えるようになったら、、、

ズババッ!!(*`へ´*)〆

 

あー、、ダンナのロタラが〜ヽ(´o`;

 

有茎草の生命力を信じて根元付近からガッツリトリミングして新しい脇芽に期待するという作戦。、、だったのだけど改めて見るともっとざっくり下の方で切ったほうが良かったですね。手前の石が邪魔で鋏が入りにくいんですよね。

隣のロトンディフォリアもばっさりカット。

見通しが良くなったね!

ついでに左のナンセアンの奥もスペースを作って、

ヒーターを横向きにしてみました。縦置きだと水換えの時空気中に出そうで面倒だったんですよね。

ということですっかり剥げて寂しくなった右側のロタラエリア。

根元付近はカナリ葉が溶けてしまっていて茎ばっかりです。

根は無事だし追肥もしてあるとは言え、、、ココからの復活は成るんでしょうか。

3日後

それから3日後。ロタラ以外にもどうにかしないといけないことがありそうですがそれは一旦見なかったことにするとして、、。

気のせいかな、、パールグラスは既に回復しかけているような、、。

ロタラは、、、うーん、変化なしかな。

幸いなことにバッサリトリミングしたおかげで泳ぐスペースが広くなり、メダカ達はとても気持ちが良さそうです。モモさんごきげんですね。

6日後

トリミングから6日後。

物凄く見えにくいんだけど中央右寄りのロタラの茎の先から新芽が!右や奥からも新しい芽が出てきているのが確認できました(’▽’

よかった、この子達まだ生きてる!

9日後

9日目にはほとんどの茎から綺麗な新芽が伸びていました。気泡も付け始めて光合成も始まったようです。

2週間後

2週間後にはシッカリとそだち、トリミングした場所もわかりにくくなっています。

漸く正面からも新芽の姿が確認出来るように(*´艸`*)

一時はやりすぎたかなとヒヤヒヤしてたけど立ち直ってくれました。

 

まぁ、、パールグラスはそれ以上に成長して侵食開始していますが、、ε-(´∀`; )

24日後

24日後。パールグラスに押され始めましたが、ロタラたちも追いつけ追い越せでグングン成長中。有茎草はスイッチが入ると成長がすごいのでもう安心かな?

本日の対戦結果

ということで猫様にジャッジしてもらいましょう。。

(ΦωΦ)じー・・・・・。

 

(ΦωΦ)復活確認しました!

 

ありがとうございます(*`へ´*)ゞ

 

 

なにこれ。

ともあれ新しく綺麗な脇芽に生まれ変わったロタラ達。赤みはまだ戻らないしpHが下がらない問題も解決しては居ないのだけど、これだけ強い水草なら対処がしやすそうです。

龍王石レイアウトな以上高硬度は避けられないし、どうやら龍王石にpHを上昇させる成分が含まれてるぽいので、ソイルのpH調整機能だけで弱酸性に傾けるのは難しそう。

他にもpH上昇の疑いが有ったカリウムの液肥も、pHに影響しないタイプのニュートラルKに変更。後はピートとかEHEIMトーフとかpHを下げる成分を添加しないとなのかなぁ、、。

でも水質調整系の添加物は生体への影響も怖いので中々思いきれません。

メダカには弱アルカリ水質は良い状態なので、先ずは上がりすぎないようにだけ注意して様子を見ようかなぁ。

難しい。

 

オマケ

今回華麗に復活を遂げたロタラ達。しかし彼らの受難は終わっては居なかった!

、、引っ張れる程のじゃないので何があったか書いておくと、。

年明け早々大風邪引いて高熱にうなされたダンナが突然「よーしきょうはとりみんぐがんばっちゃうぞーψ(`∇´)ψ」といいだし、数日後水槽の中を確認するとズタボロになったロタラ達が、、、。(←余り覚えていない)

 

あれだね、水質とか栄養とかより先ずは飼育者に気をつけないとね!

 

、、、ダンナのロタラが〜ヽ(´o`;

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です