30キューブレイアウト水槽観察記録#3・緑の絨毯計画

こんにちは、ダンナの人です。

水草を育てていると一度は憧れる緑の絨毯!水槽の中を緑に染め上げたいものです。

我が家でも一度は試みてみたものの、小さな前景草が根付く前にエビたち、、ではなくメダカに引っこ抜かれてしまう始末。

悔しいのでリベンジしたい!ということで新しいレイアウトでは前面にニューラージパールグラスをタップリ植えて緑の絨毯で埋め尽くそうと企んでいるのです(*`へ´*)9

緑の絨毯計画・経過報告

こちらは植栽直後の様子。下半分と中央の石の間にニューラージパールと石の周辺にショートヘアグラスを植えています。

小型水槽なのと事前に別水槽で育成していたこともあり、植栽密度はソコソコ高めに出来た気がします。

それでも絨毯と呼ぶにはスカスカな状況。

この子達がどう成長していくか見ていきましょう。

植栽2週間目

植えてから2週間たった水槽の様子。

最初の難関である抜けたり溶けたりすることもなく、順調に根付いてくれているようです。ニューラージパールグラスは順調に葉を増やし、一緒に植えたショートヘアグラスを飲み込む勢いですね。

同時に苔の勢力も増してきて良くない意味で水槽が緑に染まりつつありますが、カキアゲ隊の出動で対処し始めました。

こんにちは、ダンナの人です。 実のところメイン水槽のリセットから結構時間が経っているのですが、どういうふうに纏めていいか思いつかずダラダラと過ごしていますヽ(´o`; とりあ

ニューラージパールグラスは茎を伸ばして育つ有茎草ですが、上ではなく横へ這うように育って勢力を拡大していく匍匐型の前景草です。下のほうのガラス面との境目あたりを見ると横に茎を伸ばしているのが見えますね。こうなると茎というよりランナーとか地下茎みたいな感じで節目から根を出し始めるので、根と葉の両方が育ったら茎間の節をカットしてやると、それぞれがまた広がって増殖していくのだとか。

まぁカットせずに放置でも広がりますが、そうやって水槽全体に広げていって絨毯を作っていきます。

育成自体は難しい水草ではないようですが、やっぱりすごく小さい水草なので根っこも小さく、最初の根付くまでが一番難しそうです。生体やコケ対策のエビのサイズや導入タイミングを間違うと、、例えば寝付く前に身体の大きなヤマトヌマエビを投入するとあっと言う間に引っこ抜かれて禿山にされてしまうのだとか(’m’

その辺りは今回小さなミナミヌマエビの稚エビが少しだけなので引っこ抜くほどのパワーは無いようです。

 

ちなみに環境的には、水草一番サンドの上にプラチナソイルのスーパーパウダー。固形肥料等の埋め込みはせずにソイル内の養分+液体肥料(ADAの液肥のカリウム、鉄分、ミネラルを毎日1プッシュ)で育てています。

この時点ではエビやメダカ用のご飯も無し。

別水槽での事前育成の時もそうでしたがニューラージパールグラスだと水草一番と液肥だけで十分栄養は足りるようですね。

植栽3週間目

3週間が経ちました。

最初の勢いも少し収まり変化が少なくなってきました。

状態は悪くなく、密度も少しづつ上げってきている様子。

少し早いけどガラス面のコケ対策要員としてオトシンネグロも迎えて水槽は賑やかになってきました。オトシンにとっては小さい葉の絨毯は余り好ましくはないのかな?

ソイルをハムハム出来る水草を植えていない場所も作ってあげたほうが良さそうです。

ガラス面は少しずつきれいになりました。

植栽4週間目

4週間経ちました。

パット見調子が良さそうなのですが、部分的に調子の良いところと悪い所に差が出てくるようになってきました。ちょっとボコボコというか凹凸が出来始めています。

綺麗にフワフワと細かい気泡を撒き散らしてくれていますが、余り順調と言えないショートヘアグラスにはコケが付いて気泡が引っかかっています。

ニューラージパールグラスの調子のいい株に押されて上手く育ててないのかな?

植栽1ヶ月目・追肥をしてみる

絨毯の成長がまばらになっていた頃、後景に植えていたロタラ系にも変化が出てきました。

遠目に見るときれいに育っているロタラですが、、。

うーん、見えにくいかな?

先の方の新しい葉はきれいなのですが、下に行くほど黒ずんでいたり痛み始めている葉が目立つように成りました。

色々症状をしらべてみると栄養不足が怪しい様です。水草全体に栄養を行き渡らせる事ができず、新しい葉に集中させていく分古い葉が弱っている状態。

ちょっと欲張って高い密度で植えた上に、伸びてきたらトリミングした茎をまた差し戻して、、と更に密になっていっていたので固形肥料を埋めていない底床では栄養が足りなくなっていそうです。

テトラクリプト

ということでこちら(*`へ´*)r

テトラの固形肥料「テトラクリプト」です。

テトラの固形肥料というとイニシャルスティックが有名かと思いますが、あれは長期的な栄養補給用で、立ち上げ時や半年、1年後等に底床に埋め込んでおいて時間を掛けてゆっくり吸収させるようの肥料なのだとか。

こちらのクリプトは即効性型。数週間で溶けて吸収するようの肥料です。

部分的に栄養不足が怪しい時はこっちのほうが相性よさげかな?

これ知ってる。ヨーグレットだ(*´艸`*)

ブルーベリー味かな〜?

このタブレットを小さくして調子を落としている水草の根本に埋め込んでいきました。

ロタラエリアだけにしておけばよかったのだけど、、、ニューラージパールグラスも部分出来に不調そうに見えたので小さな欠片を埋め込んでみることに、、。

植栽40日後

そして追肥から10日ほど経過した頃、。

みどりぃ!(’m’

水槽全体がコケでなく水草の緑でみどりくなってきましたψ(`∇´)ψ

勿論コケも育っちゃって入るんですが、ネグロ達が頑張って掃除してくれているようです。ふかふかベッドで気持ちよさそう。

なかなかいい密度で前景を埋め尽くしてくれたニューラージパールグラス。

トリミングのタイミングがバラバラなので後景のバランスが酷いですがこの辺りは後々調整するとして、、。

これは緑の絨毯成功と言って良いんじゃないでしょうか?(*´艸`*)

 

やっぱり追肥の効果は高く、また即効性というだけあって結構短期間に調子を上げてくれました。液肥も葉から養分を吸収しやすい水草には効果が高いけど、根から吸収するタイプには固形肥料の追肥が良さそうです。

どっち向きなのかは、、、根張を見れば良いのかな?

多すぎると(溶けすぎると)生体に悪影響が出るので少し足りないくらいが良さそうだけど、そのあたりの感覚をつかむのは時間がかかりそうです。

本日の対戦結果

ということで緑の絨毯化計画を成功させたダンナ!

稚エビだったカキアゲ達もいつのまにやら大人になってお掃除部隊を増強しつつあります。

 

順調、、、順調ですね!

そう、、思っていたんです。

 

ヨーグレットがまだ本気を出していないという事も知らずに、、(’m’

 

ババーン!次週メダカリウム戦記「荒ぶる有茎草!」お楽しみに!

そして大地は緑に飲み込まれた・・。

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です