30キューブレイアウト水槽観察記録#1・経過観察とカキアゲ隊

こんにちは、ダンナの人です。

実のところメイン水槽のリセットから結構時間が経っているのですが、どういうふうに纏めていいか思いつかずダラダラと過ごしていますヽ(´o`; とりあえず纏めやすいように新しいタイトルとナンバリングにして仕切り直して行く予定です(*”ー”)ゞ

30cmキューブ水槽のリセット、、その後

こんにちは、ダンナの人です。 順調に育ってきた水草ストック水槽の子達。でもフィルターの不調もあってコケが出始めてしまいました。長期維持や生体導入を考えていなかったので

長かったリセット作業を終えて新たなレイアウトで生まれ変わったメイン水槽。器具類の調整も終わって経過を見守っています。

上の写真は4日目のもの。やっと一息ついたくらいです。

注水してフィルターを回し始めても、心配していた前景草達も抜ける様子はなく、調子も崩していないようです。

一度植え損なった右側のニューラージパールグラス達も、ソイルはボコボコになりましたが何とか持ちこたえてくれています。

中央の隙間も一度抜いて植え直しました。

ロタラ達もいい感じです(*´﹃`*)

一見水草たちは調子が良いように見えるのだけど、、。

厄介なのがコレ(*`へ´*)r

写真だと判りにくいかな?

ニューラージパールグラスが結構汚れています。これはふんわりまとわりついた茶ゴケにソイルから出た細かいホコリが絡まってしまったもの。

事前育成していたニューラージパールグラスに付いた茶苔が取り切れなかったのです。

こんにちは、ダンナの人です。 メイン水槽のリセットに備えて、植える水草たちを事前に育成しておこうという水草ストック計画!(*`へ´*)9 植栽も終わって水槽が稼働し始めました

リセットに合わせて短期水草ストック水槽を立ち上げて絨毯化させようとしていたのですが、短期だからとコケ対策をしっかりしていなかったせいで折角育ったニューラージパールがコケまみれになってしまったのでした。

後景草は洗って苔を取り除くことも出来たのですが、小さい前景草から手作業で苔を除去するのは難しく、結構残ったまま再植栽することになったのです。

立ち上げ(植栽)直後は水草も本調子でなく、ソイルから出た栄養を吸収しきれないので茶苔が出やすい環境です。そんな状況で最初から茶ゴケ付きで植えられたものだから、、。

1週間後

順調に育ちました、。コケが!(’m’

 

これは、、少し早いけどヤツラの封印を解く日が来たのか!

 

カキアゲ隊出動!(*`へ´*)9

 

我が家のコケ対策主力部隊、ミナミヌマエビのカキアゲ達です。

こんにちは、ダンナの人です。 我が家のアクアリウムはメダカがメインのメダカリウム。メダカは上から見るのが綺麗ですが横から見る事のできる水槽飼育というのもまた可愛らしくて良いも

まだまだ小さい稚エビなのだけど、モモ達がエビに全く興味を示さないためほぼ全員生き残って大部隊を編成した子達です。小さいながらもその兵力に物を言わせてお子様水槽のアヌビアスに取り付いた黒髭苔をも撃退した頼もしい子達。

この子達にパイロットフィッシュ成らぬパイロットシュリンプとしてメイン水槽に派遣してついでにコケも掃除してもらおうという作戦です。

一応水質チェックなどもしてみたのだけど、数値上は特に問題もない様子。立ち上げから時間が経っていないのでバクテリア剤は使っているとは言え殆ど定着はしてないはず。

稚エビなので水を汚す速度は遅いと思うけど、、。

水温phもほぼ同じ隣り合った水槽だけど水合わせは慎重に2時間ほど行い、おっかなびっくり少量のカキアゲ達を移動させてみました。

カキアゲ「出動〜!」

頑張って!

翌日

カキアゲ達が出動した次の日。

まだまだタップリ残ってはいるけれど、前日に比べると随分茶ゴケの数がへっているように見えます。身体が小さいので食べれるコケは限られるけど、茶ゴケの方も移設直後で弱っているのかフワフワと柔らかいので美味しく頂けている様子。

カキアゲ達も調子を崩す子も出ずにゴチソウだらけの水槽に喜んでくれて、、、るのかな?

最近奥様がエビにハマってて美味しい人工エサをいっぱいあげてたからコケよりご飯のほうが好きかもしれないヽ(´o`;

本日の対戦結果

カキアゲ達だけで撃滅させるのは難しそうだけど、水が出来上がるまでの間コケの増殖を抑えてくれればと期待しています(*”ー”)ゞ

この記事へのコメント

この記事へのコメントはありません

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です